競う経済から助け合う経済へ、争う経済から夢見る経済へ。障害者が参加、運営をになうソーシャルビジネスを応援するサイト

恋する経済&障害者市民事業ネットワーク
する経済
共に生きるすべてのひとの希望をたがやすために
恋する経済&障害者市民事業ネットワーク

共に生きるすべてのひとの希望をたがやすために
みんなでつくる春のバザー


ブログ・恋する経済
被災障害者支援Tシャツ
きぼうのガッツくんTシャツ
箕面市障害者雇用制度と豊能障害者労働センターが朝日新聞に紹介されました。2011/6/27
阪神淡路大震災とわたしたち
NO.2 1995年1月17日朝
NO.3 新谷のり子さんのこと
NO.4 救援バザー
共に生きる勇気が平和をつくる
NO.1 アフガニスタンの子どもたち
NO.2 同じ空の下で
NO.3 平和にキス
NO.4 ひとは武器を持つこともできるが、鍬を持つこともできる
NO.5 イマジンとガンジーの糸車
NO.6 夢の力を信じて、鳥は飛ぶ
NO.7 21せいきのしつもん
世界がすべて沈黙してしまう夜
小島良喜とイラク戦争と武満徹
忌野清志郎さんと「イマジン」と平和を願う大バザーと
共に生きるすべてのひとの
希望をたがやすために
2011年みんなでつくる春のバザー
1996年おもいっきりバザーを
終えて
2004年平和を願う大バザーの
よびかけ
カレンダー
「やさしいちきゅうものがたり」
豊能障害者労働センター
30年ストーリー
みんなでつくる春のバザー
平和を願うメッセージ
ゆめ風基金とわたしたち
永六輔・山田太一・筑紫哲也
恋する経済のススメ
エッセイ&制度
1947年の手紙
「積木」編集分室


ちいさなたたかいだって思いたい。
心に決する何かを云うことを、心を奮わせて誰かと会うことを。
関係ないって云ってる自分も、
確かにわたしの中にいるのだけれど。

けれど、しらないあいだに大切にしたいこと踏みつけていることが
わからなくなってる。ちょっと考えてみる。
ほんとうは、わずらわしいことも、めんどくさいことも、
もっと知りたいのかもしれない。
誰かともっと話をしたいのかもしれない。
伝えたいこと、知りたいこと、信じたいこと、
そのことが淋しさに変わっても、きっとその方が豊かだ。
ひとと、ひととが、こんがらがってもつれあって、
しんどくなったり、好きになったりって、
心が動いて、なんだかうれしい。
ちいさなたたかいを支える勇気を信じることができたら。
わたしはここにいます。あなたはどこにいますか。

 豊能障害者労働センターには、障害のあるひとがいます。ないひとがいます。ひとりひとりが微妙にからみあいながら、働き、運営し、給料をつくりだしています。
 働くなかで、けんかをしたり、誰かのひとりごとにワイワイ云ったり、誰かのうたう歌を好きになったり、自分たちの選んだくらしがあります。
 けれど、障害があるということで、自分のくらしを選べない、ひとりのひととして生きることを選べないたくさんの現実もまたこの社会にあるのです。
 だから、顔をあげて、しっかりと見すえたい。わたしたちのあしたがゆるがないことを信じたい。たくさんの現実に違うと叫ぶことが間違っているのなら、涙はどこにこぼれたらいいのだ。

 こんな思いに突き動かされて、毎年のわたしたちのバザーがあります。たくさんの方々に支えられ年を追うごとに、この街に根づいた大切なバザーです。いろんなひととつながって元気になれるしあわせなバザーです。
 一日、一日と近づいて、やっぱり心配でやっぱり心が躍ってる。
 みんなでわたしたちが確かにいる街の風景をつなげていきたい。
 どうぞわたしたちのバザーにご協力ください。


 毎年、たくさんの人びとの応援で、春の大バザーを開いています。
 わたしたちにとってバザーが特別なイベントになったきっかけは、1995年の阪神淡路大震災でした。
 この年、わたしたちは全国の障害者運動で結成された障害者救援本部の物資ターミナルとなり、救援物資を被災地に届ける一方で、被災障害者救援バザーを開きました。
 救援活動が一区切りした後も、全国からバザー用品が送られてきました。「今度はあなた方の活動に生かしてくれ。」という言葉とともに寄せられるバザー用品の山を前に、わたしたちはリサイクルショップを開くことにしました。
 今では箕面市内に5つのお店を運営し、障害者スタッフが切り盛りすることで職種の開拓が進んだ他、バザーと合わせたリサイクル事業は豊能障害者労働センターの大きな柱に成長しました。

 2001年9月11日の同時多発テロとアフガニスタンへのアメリカ軍の攻撃、そして2003年のイラク戦争と、平和の世紀と願った21世紀のはじまりは血に染まってしまいました。
 すべてのひとがそうであったように、わたしたちもまた心をはりさけそうだけど、それにあらがう行動をどう示せばよいのか、思い惑いました。
 世界中で平和を願うひとびとの行動が伝えられるさ中、そのうねりに参加することは許されませんでした。わたしたちはわたしたちで、この北大阪の地で這いつくばって日常の活動を続けなければなりませんでした。
 そこで、わたしたちは春のバザーを通じて、「個性(障害)や性別、民族など、ひとりひとりのちがいを認め合い、共に生きることから平和をつくりだそう」とよびかけました。そして、バザーの売り上げからほんとうに少ないながらも、アフガニスタンで自立農業、自立経済を進めながら平和をつくりだそうとしている中村哲さんたちの活動をサポートするペシャワール会にカンパを送りました。

 いま、沖縄の普天間基地の移設問題など、もっと身近なところで平和の意味とあり方をわたしたちは試されていると思います。
 しかしながらわたしたちは、阪神大震災のときもアフガニスタンの時もイラク戦争の時もそうであったように、日々の活動の中で平和への意志を表すことしかできません。わたしたちの活動を捨てて参加するのではなく、わたしたちとつながってくれる地域の方々や全国の方々と共に、障害者の人権と自立経済を獲得していく運動をすすめることが、わたしたちにとっての平和への道だと思っています。
 みんなでつくる春のバザーはそのことをみなさんにお伝えする、大切なイベントです。

ページ先頭に戻る
Copyright (C) koisurukeizai All Rights Reserved
 恋する経済