競う経済から助け合う経済へ、争う経済から夢見る経済へ。障害者が参加、運営をになうソーシャルビジネスを応援するサイト

恋する経済&障害者市民事業ネットワーク
する経済
共に生きるすべてのひとの希望をたがやすために
恋する経済&障害者市民事業ネットワーク

共に生きる勇気が平和をつくるNO.1
アフガニスタンの子どもたちへ
                             
2001年10月
ブログ・恋する経済
被災障害者支援Tシャツ
きぼうのガッツくんTシャツ
箕面市障害者雇用制度と豊能障害者労働センターが朝日新聞に紹介されました。2011/6/27
阪神淡路大震災とわたしたち
NO.2 1995年1月17日朝
NO.3 新谷のり子さんのこと
NO.4 救援バザー
共に生きる勇気が平和をつくる
NO.1 アフガニスタンの子どもたち
NO.2 同じ空の下で
NO.3 平和にキス
NO.4 ひとは武器を持つこともできるが、鍬を持つこともできる
NO.5 イマジンとガンジーの糸車
NO.6 夢の力を信じて、鳥は飛ぶ
NO.7 21せいきのしつもん
世界がすべて沈黙してしまう夜
小島良喜とイラク戦争と武満徹
忌野清志郎さんと「イマジン」と平和を願う大バザーと
共に生きるすべてのひとの
希望をたがやすために
2011年みんなでつくる春のバザー
1996年おもいっきりバザーを
終えて
2004年平和を願う大バザーの
よびかけ
カレンダー
「やさしいちきゅうものがたり」
豊能障害者労働センター
30年ストーリー
みんなでつくる春のバザー
平和を願うメッセージ
ゆめ風基金とわたしたち
永六輔・山田太一・筑紫哲也
恋する経済のススメ
エッセイ&制度
1947年の手紙
「積木」編集分室


アフガニスタンのこどもたち。
ぼくたちはあなたたちの顔を知らない。

ぼくたちは思う。
あなたたちは、
いまどんな夢をみているのだろう。
ひときれのパンと、
つりあうだけの夢を見るために、
どれだけの暗い夜を、
くぐりぬけてきたのだろう。

ぼくたちは思う。
あなたたちの、
かなしみとうらみにあふれたひとみが、
ぼくたちにも向けられているのだと。

それでもぼくたちは思う。
いつの時代にも、
世界中のいたるところに、
あなたたちとつながりたいと、
必死に思うひとびとがいる。
あなたたちの村や町につながる、
せつない空をみつめている。
そしてぼくたちもそうであることを。

ぼくたちは思う。
爆弾といっしょに救援物資を落とす、
アメリカ軍のように、
助けるなんてことはいえない。
ただ、生きていてほしい。

ぼくたちは思う。
あなたたちとつながれないかなしさと、
それでもつながりたいと願うこころを、
とどかぬこころを、
とどけたい。

ページ先頭に戻る
Copyright (C) koisurukeizai All Rights Reserved
 恋する経済