競う経済から助け合う経済へ、争う経済から夢見る経済へ。障害者が参加、運営をになうソーシャルビジネスを応援するサイト

恋する経済&障害者市民事業ネットワーク
する経済
共に生きるすべてのひとの希望をたがやすために
恋する経済&障害者市民事業ネットワーク


そして世界の希望の一年がやってくる

ブログ・恋する経済
恋する経済オリジナルTシャツ
箕面市障害者雇用制度と豊能障害者労働センターが朝日新聞に紹介されました。2011/6/27
松井しのぶさんプロフィール
松井しのぶさんとの出会い
松井しのぶとシュールレアリスム
松井しのぶと宮沢賢治
松井しのぶと宮沢賢治2
松井しのぶと阪神大震災の焚き火
松井しのぶと光のくじら
壁掛けカレンダーの切実な役割
映画「ストロベリーショートケイクス」
そして希望の一年がやってくる
カレンダーをいっしょに販売しませんか?
50部以上、特別協力会員価格でお届けします。障害者団体に限りません。
1984年、吉田たろうさんとの出会いからカレンダーの制作が実現しました。2003年に急死されるまでの20年間、協力してくださった吉田たろうさんに深く感謝しています。
豊能障害者労働センター
30年ストーリー
みんなでつくる春のバザー
平和を願うメッセージ
ゆめ風基金とわたしたち
永六輔・山田太一・筑紫哲也
恋する経済のススメ
エッセイ&制度
「積木」編集分室

豊能障害者労働センター

松井しのぶのホームページ


クリスマスソングが街にあふれ
あわただしいときが走り抜けたら、もうお正月
かなしかったこともうれしかったことも
せつなかったこともおかしかったことも
さびしいわかれもたのしい出会いも
ささいなできごともおおきな紛争も
まるで一年のはじめからわかっていたように
思い出というカレンダーにきざまれる

16年前の寒い朝、多くのひとが死んだ
世界中にその死は報じられたが
そのひとたちの名前をぼくは知らない
16年前の寒い朝、多くのひとが死んだ
世界中にその死は報じられなかったが
その友人たちの名前をぼくはわすれない

がれきの下についさっきまでひろがっていた
コーヒーの香りと息づくいのちの朝が
凍りついたまま今もぼくたちを見つめている
ひとは夢をみるために生まれてきたのなら
死んでもなお必死に見つづける夢がある
がれきの下で止まってしまった時も
死者のひとみからこぼれる見果てぬ夢も
それから16年の時を刻んだこの大地を生きる
ぼくたちと共にあるのだと思う

1月1日から12月31日まで
時にはただの数字の並びが
知らない国の言葉に思えることがある
遠い遠いどこかの大地で
同じ星を見ているあなた
夜のむこうの冷たさが頬を凍らせ
必死で声を出そうとしているあなたの
冬の心はまだ詩にもならず歌にもならず
爆弾でこわれてしまった部屋の壁には
いつかのアイドルと
英雄の古びたピンナップと
肩を並べるように寄り添うカレンダー
あなたの記憶のぼんやりとした岸辺で
世界の悲しい一年がさよならしている

そして、ぼくはといえば
どこにいるのかもわからないあなたから
飛んできた手紙に手が凍る
桜の落ち葉が赤く燃えても寒い
元気を出して、さあ
と新しいカレンダーをめくる

1月1日から12月31日まで
時にただの数字の並びが
不思議な物語に思えることがある
遠い遠いどこかの駅の
ホームに立っているあなた
そして世界の希望の一年がやってくる

ページ先頭に戻る
Copyright (C) koisurukeizai All Rights Reserved
 恋する経済