競う経済から助け合う経済へ、争う経済から夢見る経済へ。障害者が参加、運営をになうソーシャルビジネスを応援するサイト

恋する経済&障害者市民事業ネットワーク
する経済
共に生きるすべてのひとの希望をたがやすために
恋する経済&障害者市民事業ネットワーク

その時、ぼくはとつぜん信じた
ひとつぶの涙が「かくめい」へとつづくことを

20世紀の終わりに NO.1

ブログ・恋する経済
恋する経済オリジナルTシャツ
箕面市障害者雇用制度と豊能障害者労働センターが朝日新聞に紹介されました。2011/6/27
story.NO.2
少年とその母親が市役所のガラスのドアをみつめていた。
story.NO.3
Yさんが、労働センタ−のかたむいた戸を開けた
story.NO.4
ボブ・マーレーは、あなたにこそ歌っていた。
story.NO.5
事務所の拡大移転
story.NO.6
山田太一さんも小室等さんも、桑名正博さんも小島良喜さんも。
story.NO.7
売り上げみんな被災地の障害者に持っていこ」
story.NO.8
平和を願う心が自立経済を生み出す活動につながることを、ガンジーが教えてくれた。
拡大移転基金500万円基金よびかけ文 河野秀忠
1990年・念頭所感 河野秀忠
1991年・念頭所感 河野秀忠
1992年・念頭所感 河野秀忠
15周年プラス・ワンパーティー・パンフレットより 河野秀忠
さよなら二十世紀
21世紀の子どもたちへ
カレンダー
「やさしいちきゅうものがたり」
みんなでつくる春のバザー
平和を願うメッセージ
豊能障害者労働センター
30年ストーリー
ゆめ風基金とわたしたち
永六輔・山田太一・筑紫哲也
恋する経済のススメ
エッセイ&制度
1947年の手紙
「積木」編集分室


ゆめをみた
あなたが手をふっていた
まるで世界そのものとさよならするように
とおざかるあなたが手をふっていた
あなたのなみだはきんいろにこぼれ
ぼくのこころのいちばんやわらかいところをそめた

それはほんとうにあったこと
あなたが二十歳だったとき
ふたりぶんの孤独が部屋中にあふれ
寒い冬の空が青くぶらさがっていた
ぼくが眠るそばであなたは手をふり
なにをかんがえていたのだろう
それからずっとぼくのゆめのなかで
手をふりつづけるあなたの長い時間は
早かったのか間にあわなかったのか

ゆめをみた
何億人のあなたが手をふっていた
まるで世界そのものがさよならしているように
とおざかる何億の手がぼくのねむりをうめつくす
ながれつづける何億のなみだが
ぼくのこころのいちばんもろいドアをやぶった

どんな朝がぼくたちをまってるの?
どんな空とどんな風とどんな森と
どんな夢とどんな失敗とどんなパンと
どんな伝言板とどんな証明書とどんな映画と
どんな約束とどんな裏切りとどんなうそと……
どんなさよならがぼくたちをまってるの?

さよなら二十世紀
ぼくたちはつぶやく
どんなにかなしいことも
どんなにゆるされないことも
どんなに血がながれたことも
二十世紀のすべてはぼくたちのこと
いとおしい二十世紀
がんばった二十世紀
どれひとつ置き去りにしないで
ぼくたちの旅はつづく

ページ先頭に戻る
Copyright (C) koisurukeizai All Rights Reserved
 恋する経済