競う経済から助け合う経済へ、争う経済から夢見る経済へ。障害者が参加、運営をになうソーシャルビジネスを応援するサイト

恋する経済&障害者市民事業ネットワーク
する経済
共に生きるすべてのひとの希望をたがやすために
恋する経済&障害者市民事業ネットワーク

豊能障害者労働センター30周年
豊能障害者労働センターストーリー NO.5

細谷常彦

ブログ・恋する経済
恋する経済オリジナルTシャツ
箕面市障害者雇用制度と豊能障害者労働センターが朝日新聞に紹介されました。2011/6/27
story.NO.2
少年とその母親が市役所のガラスのドアをみつめていた。
story.NO.3
Yさんが、労働センタ−のかたむいた戸を開けた
story.NO.4
ボブ・マーレーは、あなたにこそ歌っていた。
story.NO.5
事務所の拡大移転
story.NO.6
山田太一さんも小室等さんも、桑名正博さんも小島良喜さんも。
story.NO.7
売り上げみんな被災地の障害者に持っていこ」
story.NO.8
平和を願う心が自立経済を生み出す活動につながることを、ガンジーが教えてくれた。
拡大移転基金500万円基金よびかけ文 河野秀忠
1990年・念頭所感 河野秀忠
1991年・念頭所感 河野秀忠
1992年・念頭所感 河野秀忠
15周年プラス・ワンパーティー・パンフレットより 河野秀忠
さよなら二十世紀
21世紀の子どもたちへ
カレンダー
「やさしいちきゅうものがたり」
みんなでつくる春のバザー
平和を願うメッセージ
豊能障害者労働センター
30年ストーリー
ゆめ風基金とわたしたち
永六輔・山田太一・筑紫哲也
恋する経済のススメ
エッセイ&制度
1947年の手紙
「積木」編集分室


 桜井の事務所は古い民家で戸はガタガタ、風はビュービュー吹き抜ける、ひどい雨漏りと、おばけ屋敷とも言われました。
 それでもみんなでお金を出し合い、また紹介された新聞記事を見て近所のひとからいただいたお金をかきあつめて、やっと借りた事務所でした。
 トンカントンカンと改造し、立派?に機能し始めたのでした。事務机やスチール棚などの備品はすべていただきものでかため、当初は割合広いイメージもあったのですが、当初2人だった障害者も1986年には5人となり、勢12人になっていました。荷物も増えて足の踏み場もない状態になりました。
 またやむを得ず借りたものの、桜井の事務所は冬ともなれば木枯らしが部屋を舞い、外から帰ってくるとみんなジャンパーやコートをはおらなければならず、またビールなどは部屋に置いておくと凍ってしまうので冷蔵庫に入れるという、笑えない落語のような状態でした。
 ひとりが風邪をひくと何周期も全員が風邪をリレーし、とくに障害者の健康を考えてももう限界で、今よりも広く、健康的な事務所に移転することが急務となっていました。

 その間、行政的には何とかせねばとならんという機運が高まり、箕面市障害者事業団の設立準備や、障害者作業所制度の開始などの動きはありましたが、そもそも障害者を保護訓練指導する制度の枠組みからの解放をめざして設立した豊能障害者労働センターは、その枠組みの中にある作業所への移行は解散を意味するものでした。そのため、あくまでも重度といわれる障害者の所得をともなう社会的雇用の場を貫く豊能障害者労働センターへの助成制度はまだありませんでした。

 そこでわたしたちは事務所の拡大移転について行政とも話し合い、土地の確保については行政にお願いし、建設費は労働センターが用意することになりました。
 と言っても、労働センターにはそんなお金はありませんでした。それでなくてもこの時代は毎週日曜日に梅田にカンパ活動をしながらなんとか飢えをしのぐという、そのころでさえ誰も信じられないような赤貧の中にいました。
 そこでわたしたちは当時大阪大学教授だった小川悟さんを代表に仰ぎ、近い方にも遠くの方にも実行委員をお願いし、拡大移転500万円基金運動をはじめたのでした。ほんとうは500万円では少なすぎることはわかっていたのですが、それ以上のお金を寄付していただく自信がありませんでした。
 1986年12月20日、長谷川きよしさんと小室等さんに来ていただき、箕面サンプラザ豊能障害者労働センター5周年と拡大移転応援コンサートを開きました。
 拡大移転基金は全国のたくさんの方々のご支援で約1000万円になりましたが、土地の確保が難航し、期限の問題で将来的な不安をかかえながらも箕面市桜ケ丘の市営住宅跡地が確保され、予定より約1年おくれた1987年5月、念願の新しい事務所ができあがったのでした。

 その間にも、障害者9人をふくむ19人と仲間は増え続けました。
 新しい事務所のなんともいえないいい香りがただよい、わたしたちは陶然としました。
 実際それから1週間、ただただぼうっと大きな窓にふちどられた5月の緑をながめるばかりで、仕事が手に付きませんでした。
 わたしたちは思いました。この事務所はわたしたちのものではないのだと……。
 建物を支えているのはわたしたちのつたない叫びを受けとめてくださった、いくつものうれし涙がぎっしりとつまった心のコンクリート、いくつもの勇気がぎっしりとつまった心の鉄骨なのだと……。
 そのひとつひとつの涙と勇気こそが、豊能障害者労働センターそのものだったのです。

ページ先頭に戻る
Copyright (C) koisurukeizai All Rights Reserved
 恋する経済