競う経済から助け合う経済へ、争う経済から夢見る経済へ。障害者が参加、運営をになうソーシャルビジネスを応援するサイト

恋する経済&障害者市民事業ネットワーク
する経済
共に生きるすべてのひとの希望をたがやすために
恋する経済&障害者市民事業ネットワーク

KISS!PEACE
紛争地で休戦バザーができたら

ブログ・恋する経済
争う経済から夢見る経済へ。誰もが助け合って暮らせるゆたかな社会をめざすソーシャルビジネスを紹介しながら、演歌からポップスまで、好きな音楽への雑感や生活をつづる日記。
ぼくの「ミスター・ムーンライト」
Tシャツ一枚分の自由
子どもたちの民主主義
KISS!PEACE
みんなでつくる春のバザー
平和を願うメッセージ
豊能障害者労働センター
30年ストーリー
ゆめ風基金とわたしたち
永六輔・山田太一・筑紫哲也
恋する経済のススメ
エッセイ&制度
1947年の手紙
特定非営利活動法人
ゆめ風基金
阪神淡路大震災を機に国内外の数多くの自然災害の被災障害者への救援・支援をつづける。

ぼくがTシャツをはじめて着た時 2006年5月 細谷常彦 


 
2006年3月21日、大阪府箕面市で開かれた「平和市」に、新作Tシャツ「KISS!PEACE」を出店した。このイベントは「平和は暮らしの中からつくっていくもの」という思いで集まった市民たちが実行委員会をつくり、「平和」にかかわるさまざまな市民の活動や願いを「市場」に持ち寄ろうと企画された。
 当日は70をこえる出展者によるフリーマーケットやパネル展示、ステージでの歌や踊りで、とてもいい雰囲気のイベントとなった。

 市民が自分の意志で不用品を会場に持ち寄って販売するフリーマーケットは、売り手側と買い手側に一方的な商品が流れる新品の市場とはちがい、市民が売り手にも買い手にもなる市場、物とひと、物と物との出会いの場を生み出した。
 それぞれちがった時に世に出た物たちが、時と場所をこえて雑然と集うその市場では、それらの物たちがここに来る前にたどってきた無数の時間と、それらの物たちが立ち会ってきた無数の人間の願いと夢、別れと出会いがかくれんぼしている。
 長い歴史から見ればその一瞬を刻むことさえむずかしいひとりひとりの人間が一生かけて見つづける未完の夢をリレーするために、人間の歴史は古くから「市場」を必要としてきたのかもしれない。

 阪神大震災の時、ぼくは豊能障害者労働センターのスタッフとして、被災障害者救援のための大バザーにかかわった。被災地に救援物資を届ける役割を持っていたぼくたちは、全国各地から送ってもらった物資を毎日届けていたのだが、刻一刻必要とする物が変化し、仮の倉庫も事務所の中も救援物資でいっぱいになってしまった。
 「お金は難しいけれど、バザー用品だったら提供できるし、手伝いもできるよ」と地域のひとびとも応援してくれて、バザーをすることになった。
 地域はもとより、豊能障害者労働センター機関紙「積木」の全国の読者から毎日信じられないほどのバザー用品が届いた。
 なかでも被災地のひとびとからたくさんのバザー用品が届いたことにぼくたちは驚き、涙が出た。

 フリーマーケットとバザーは成り立ちがちがうけれど、バザーもまたその語源・バザールが中東の市場を意味するように、ひとびとが物を持ち寄り、願いをわかちあうために必要とした市場であり、人間の知恵であることをその時に学んだ。
 そして思った。世界中のひとびとによびかけ、こうしている今も世界のどこかでひとびとが傷つき死んでいく紛争地で大バザーができたらどんなにすばらしいだろう。
 世界中から物を持ち寄り、すべての武器を捨てて平和をつくりだすために開かれる市場…。そんなことができるはずがないとつづけて思った時、反対にバザーやフリーマーケットは平和でなければできない、そのバロメーターなのだと気づいた。
 豊能障害者労働センターの大バザーはそれ以後毎年、平和を願う大バザーとして広がり、箕面の風物詩のひとつとなっている。

 「平和市」は箕面の親しい友人たちが半年以上も前から準備していた。ぼくは当日の準備の手伝いと出店しかできなかったが、とても大切な催しだと思った。
 そして11年前に見たはるかな夢を思い出した。もちろん世界の紛争地で開くことは現実的ではないが、北大阪の小さな地からはじまり、平和への願いを持ち寄る「市場」をひとつでも多くつくりだすことが、平和を守ることから平和をつくりだすことへと一歩踏み出すためにぼくたちができることなのだと思った。
 このイベントに触発されて、新作Tシャツのテーマを「KISS!PEACE」と決めた。
 以前にジョン・レノン&オノ・ヨーコの1968年のメッセージ「WAR IS OVER」をプリントしたTシャツをつくった市民グループがある。
 ベトナム戦争がより激化していた時代にジョンとヨーコが世界に発信したこのメッセージは世界中の空と海をかけめぐり、炊事場もトイレも共同のアパートの6畳一間にひっそりと暮らしていたぼくにも届いた。
 「戦争は終わる、もしあなたが望むなら」と歌う名曲「ハッピー・クリスマス」のメッセージは、現実を知らない甘ったるいものと吐き捨てるひとたちもいる。
 けれどもまた、こんなにわかりやすいメッセージが届かない世界の現実をこそ変えていかなければならないと考えるひとたちもたくさんいる。
 そうでなければこの歌がいまやもっともポピュラーなクリスマスソングのひとつになるはずがないと思う。

 「WAR IS OVER」TシャツはぼくのTシャツづくりの原点で、いつかぼくもTシャツを一枚のキャンバスにして自分の思いを発信できたらと思っていた。
 それから35年以上すぎた今も、世界各地でテロとその報復がくりかえされ、かけがえのないはずのひとつひとつのいのちが死者何十人、何百人、何万人という数字だけを残して消えていった。
 「戦争は終わる、もしあなたが望むなら」というメッセージが届かない世界の現実を前にして、だからこそこのメッセージはより深くぼくたちの心をとらえてはなさない。
 最初は「WAR IS OVER」Tシャツを復刻させて商品化しようとも思ったが、著作権の問題もあったし、ぼくの人生に少なからず影響を与えたジョンとヨーコのメッセージを、今度はぼく自身の言葉で伝えていきたいと思った。
 ポップで力のある平和メッセージにしようといろいろ考えたものの、なかなか思いつかなかったのだが、「平和市」の準備を進める友人たちの姿を横でみていて、とつぜんひらめいた。

 こうして「KISS!PEACE」Tシャツは生まれた。ちょっと気恥ずかしいが、このメッセージが一人でも多くの人の心に届くことを願っている。

ページ先頭に戻る
Copyright (C) koisurukeizai All Rights Reserved
 恋する経済