競う経済から助け合う経済へ、争う経済から夢見る経済へ。障害者が参加、運営をになうソーシャルビジネスを応援するサイト

恋する経済&障害者市民事業ネットワーク
する経済
共に生きるすべてのひとの希望をたがやすために
恋する経済&障害者市民事業ネットワーク

伝えてください あの日のことを
震災から10年 感謝と希望の集い「ゆめ風であいましょう」

ブログ・恋する経済
恋する経済オリジナルTシャツ
ゆめ風基金とわたしたち
箕面市障害者雇用制度と豊能障害者労働センターが朝日新聞に紹介されました。2011/6/27
ぼくの「上を向いて歩こう」
永六輔さんNO.1
6月22日、永六輔さんが現れた
永六輔さんNO.2
「だいじょうぶ!永六輔ひとり応援団」  永六輔さんNO.2
テレビでなじみの声が聞こえた。
筑紫哲也さんのこと
1999年筑紫哲也トークイベントに寄せて
静かで、決してゆるがない決意
小室等さんのことNO.1
まるで風の又三郎のように
小室等さんのことNO.2
「歌う」のではなく「語る」歌
小室等さんのことNO.3
ゆめ風基金応援歌CD
小室等さんのことNO.4
ゆめ風基金応援歌CD
「風と夢」、「伝えてください」
ゆめ風基金応援歌CD
参加ミュージシャンのメッセージ
彼女が歌い始めると、空と大地が広がっていく。加納浩美さん
山田太一さん
山田太一1992・2001
ひとびとの「きもち」がやってくるぞ!
河野秀忠
「なにげない」が崩れたとき、見えてくる 牧口一二
テレビと力道山と山田太一
人生を変えてしまうテレビドラマがあった。
山田太一のドラマはフィクションで終わらなかった。
山田太一ファン・メッセージ
「車輪の一歩」を観て
山田太一ファン・メッセージ
「シルバーシート」を観て
山田太一ファン・メッセージ
もっともっと山田太一
山田太一さんとの対談を終えて
牧口一二
物静かに箕面市民会館に現れ、物静かに箕面を去って行った。
カレンダー
「やさしいちきゅうものがたり」
みんなでつくる春のバザー
平和を願うメッセージ
豊能障害者労働センター
30年ストーリー
ゆめ風基金とわたしたち
永六輔・山田太一・筑紫哲也
恋する経済のススメ
エッセイ&制度
1947年の手紙
「積木」編集分室


 
後日、ゆめ風基金のスタッフに聞くと、終演後打ち上げに向かうタクシーの中で、ふたりともかなりの落ち込みようで、「間延びしてしまった、今日は失敗だった」と言っておられたらしい。
 この話を聞いて、ぼくはさらに感激してしまった。呼びかけ人であるからとは言っても、ここまで出演者が主催者の立場で「失敗だった」と落ち込むお二人に、ただただ頭が下がる思いだ。
 そしてぼくは強く言いたい。これが「失敗」であるはずはない。そこまでの思いを持ってステージを一緒につくってくださるお二人の気持ちが、お客さんに伝わらないないはずがない。
 ゆめ風基金のイベントのお客さんは日常でお金を送金しながら、一年に一度か二度、事務局が案内するイベントに足を運び、お二人を始めとする出演者、スタッフ、お客さん同士がかもしだすやさしい風を心に吹きこみ、それをだきしめることで、ゆめ風基金とのつながりを確認されているのだと思う。

ゆめ風基金とわたしたち 2005年6月 細谷常彦 


伝えてください あの日のことを
語ってください 何が起きたかを

 ゆめ風基金応援歌のひとつ「伝えてください」から、その特別な時間がはじまった。ほんとうにこの日のために、ゆめ風基金の3人のスタッフは走り回り、そして大阪を中心とした障害者団体から当日100人のボランティアスタッフと1000人のお客さんが会場をうめつくしたのだった。
 10年間呼びかけ人代表としてゆめ風基金をいっしょうけんめい支えてくださった永六輔さん、これからの10年呼びかけ人代表を引き受けてくださった小室等さんをはじめ、出演者もお客さんも、会場にいたすべてのひとが、特別な時間を共有したのだ。

 1995年1月17日からはじまった特別な時間は、何度も遠くに去っていきそうになりながらも、結局はわたしたちの心の底にへばりつき、この10年を忘れられないものにしてきた。
 わたしたちはあの日からふたつの道を進んできたのだと思う。
 ひとつは自分の身を守らなければならなくなっただけではなく、自分が社会から安全な存在と見られるように努力しなければならなくなった。
 実際時を追うごとに信じられない事件が次々と起こり、わたしたちはますます心の垣根を高くするしかなかった。
 けれども、わたしたちにはもうひとつの道があることも、あの大地震は教えてくれたのだった。
 それは「共に生きること」であり、「助け合うこと」だ。
 あの日まではそれは道徳や倫理で「しなければならないこと」だった。けれども、そうではないのだ。わたしたち人間は言葉も個性も希望も夢も国籍も民族も性別も年代もちがっても、つながることができるのだ。
 それはめんどうなことではなく、とてもうれしいことなのだ。

「伝えてください あの日のことを」

 この歌を聴きながら、わたしたちはもういちど、共に生きるうれしい勇気を育てる特別な時間を生きていこうと思う。
 共に生きることも助け合うことも実は簡単なことではなく、とても勇気がいることなのだ。数千人の命がうばわれてしまった悲しみと交換しなければ、わたしたちはその勇気を持てなかったのか。
 わたしたちが問い続けなければならなかったその問いこそが、わたしたちのほんとうの10年なのだと思う

心に深く、大地に広く、歌は流れる・・・。


 この日、会場の大阪中之島公会堂に入ったぼくは、控室と舞台裏でこのイベントの進行約を担当していた。
 震災後10年で、永六輔、小室等、紙ふうせんにくわえて、趙博、おーまきちまき&のむらあき、加納浩美、岡本光彰&ザ・ひょうたんなまズと、ゆめ風基金を支えてきたミュージシャンがこの日のためにかけつけてくださった。
 出演者の数も多く、また「障害者市民防災アイデアコンテスト」の応募者のプレゼンテーションと審査発表、この日に合わせて完成した「ゆめ風基金応援歌」の発表とお客さんも一緒になった合唱、これを予定時間内におさめるのはとても無理に思えた。
 そこでぼくはゆめ風基金の事務局長の橘高さんに同行して、前日に大阪のホテルに入った小室さんに相談しに行った。
 小室さんはあっさりと、「ぼくの出番の時間をうんと短くしよう」と言った。小室さんの持ち時間を削るなんて考えもしなかったぼくは、その提案に感謝した。

 当日は準備段階で音響のトラブルがつづき、リハーサルが大幅に遅れた。午後の本番に向けて時間がほとんどなくなってしまった。
 趙博さんが出演者同士の時間調整をしてくれて、小室さんも「ぼくは音合わせだけでいいよ」と言ってくれた。それでなんとか本番に間に合った。
 永さんが会場に来られ、最後の打ち合わせをした。ぼくは「これだけの内容を時間内に収めるのはむずかしいです」と言うと、永さんは時間短縮のために「ここはこうしよう」とプログラムの進行を整理してくれた。
 そして、永さんもまた「ぼくの持ち時間を大幅に短くします」と言った。

 本番が始まりプログラムが進行するにつれて、スピーディーに行きすぎて時間があまりそうな気配となった。ぼくは小室さんにそのことを告げると、「それじゃあ、ぼくの方はこのままでいいから、永さんの持ち時間を元にもどそう」と言われた。
 それを受けて今度は永さんに小室さんの提案を言おうとするとその前に「それじゃあ、ぼくの方はこのままでいいから、小室さんの持ち時間を元にもどそう」と言われてしまった。
 ぼくは困惑したが、もとより現場合わせで細かく時間を見ながらイベントを成功させる天才の永さんと小室さんのことだから、もうふたりにまかせる以外に仕方がなかった。

 そして、とうとうプログラムの終演となり、やはり時間が余ってしまった。いつもの永さん、小室さんなら、たしかにこんなことはなかったと思う。
 小室さんは呼びかけ人代表としてこの10年、先頭に立って来られた永さんを思いはかり、永さんはその思いをひきつぐにあたいする小室さんを思うばかりに時間をゆずりあった結果、こうなってしまったのだ。

 この時だけではない。この10年間、毎年何回かのイベントに出演された小室さんといい、永さんといい、このお二人に接していると、出演者としてではなくぼくたちと同じスタッフの立場で共に考えてくれることに感激する。舞台裏を担当することが多かったぼくは本番中、何回涙をかくしたかわからない。
 そのことがよく伝わっているからだと思う。ゆめ風基金のイベントに来るお客さんは、とてもやさしい。ぼくたちスタッフが行き届かず、普通なら怒られるような場面でも、かえって「ごくろうさま」と声をかけて下さる。

 こうして、このイベントは終了した。ゆめ風基金を支えてきてくれたたくさんの人びとに感謝し、明日からの活動を自らに約束した一日となった。

 2005年6月19日(日)、ゆめ風基金は中之島中央公会堂で震災10年・感謝と希望のつどい「ゆめ風であいましょう」を開催した。当日は1000人のお客さんが来場され、ゆめ風基金応援歌の発表や防災アイデアコンテストの審査発表など盛りだくさんの内容で、盛況に終わった

ページ先頭に戻る
Copyright (C) koisurukeizai All Rights Reserved
 恋する経済