競う経済から助け合う経済へ、争う経済から夢見る経済へ。障害者が参加、運営をになうソーシャルビジネスを応援するサイト

恋する経済&障害者市民事業ネットワーク
する経済
共に生きるすべてのひとの希望をたがやすために
恋する経済&障害者市民事業ネットワーク

受話器の向こうからテレビでなじみの声が聞こえた。
筑紫哲也さんのこと

ブログ・恋する経済
恋する経済オリジナルTシャツ
ゆめ風基金とわたしたち
箕面市障害者雇用制度と豊能障害者労働センターが朝日新聞に紹介されました。2011/6/27
ぼくの「上を向いて歩こう」
永六輔さんNO.1
6月22日、永六輔さんが現れた
永六輔さんNO.2
「だいじょうぶ!永六輔ひとり応援団」  永六輔さんNO.2
テレビでなじみの声が聞こえた。
筑紫哲也さんのこと
1999年筑紫哲也トークイベントに寄せて
静かで、決してゆるがない決意
小室等さんのことNO.1
まるで風の又三郎のように
小室等さんのことNO.2
「歌う」のではなく「語る」歌
小室等さんのことNO.3
ゆめ風基金応援歌CD
小室等さんのことNO.4
ゆめ風基金応援歌CD
「風と夢」、「伝えてください」
ゆめ風基金応援歌CD
参加ミュージシャンのメッセージ
彼女が歌い始めると、空と大地が広がっていく。加納浩美さん
山田太一さん
山田太一1992・2001
ひとびとの「きもち」がやってくるぞ!
河野秀忠
「なにげない」が崩れたとき、見えてくる 牧口一二
テレビと力道山と山田太一
人生を変えてしまうテレビドラマがあった。
山田太一のドラマはフィクションで終わらなかった。
山田太一ファン・メッセージ
「車輪の一歩」を観て
山田太一ファン・メッセージ
「シルバーシート」を観て
山田太一ファン・メッセージ
もっともっと山田太一
山田太一さんとの対談を終えて
牧口一二
物静かに箕面市民会館に現れ、物静かに箕面を去って行った。
カレンダー
「やさしいちきゅうものがたり」
みんなでつくる春のバザー
平和を願うメッセージ
豊能障害者労働センター
30年ストーリー
ゆめ風基金とわたしたち
永六輔・山田太一・筑紫哲也
恋する経済のススメ
エッセイ&制度
1947年の手紙
「積木」編集分室
ゆめ風基金とわたしたち 

 
 2008年11月7日、筑紫哲也さんが亡くなられました。その日、国内はもとより世界のさまざまな地域で数多くの人々がそうであったように、わたしたちもまた悲しみに包まれました。

 1997年の12月のことでした。わたしたちは毎年、大阪を中心に集まった障害者団体とともに、障害者の所得をつくりだすためにカレンダーの販売をしてきました。
 この年は全体で55000部、そのうち豊能障害者労働センターは32000部を引き受けたのですが、12月になってもどうしても売れ残ることが確実となってしまいました。
 そこで12月のはじめ、TBSの「ニュース23」の筑紫哲也さんに、カレンダーの見本とともにわたしたちの活動とカレンダーのことを取り上げていただけないかと、つたないお願いの手紙を送ったのでした。
 送ってはみたものの、洪水のような情報の波がおしよせるテレビの現場におられる筑紫さんに、それでなくても単なる「商売」と思われてしまうわたしたちのことを取り上げてもらえることはまずないだろうと承知していました。それに、筑紫さん宛てに送っても、ご本人には届かないだろうとも思っていました。

 ところが年も押し迫った12月24日の「ニュース23」の多事争論で、筑紫さんがカレンダーを広げながらわたしたちの活動を取り上げてくださったのでした。
 電話があったのは、その翌日でした。
 「ひとにすすめた以上、自分も買わなくてはね。スタッフにプレゼントしたいので」と、カレンダーを50部注文してくれました。」
 1999年、ゆめ風基金から、箕面で筑紫哲也のトークイベントができないかと話が来たとき、不思議なめぐりあわせに驚きました。

 5月30日のイベント当日、箕面市民会館に現れた筑紫さんの第一声は、「ゆめ風基金と豊能障害者労働センターはどんな関係?」でした。豊能障害者労働センター前代表の河野秀忠さんが「親戚です」と答えると、「あっそう」とにっこりされたことを今でも思い出します。
 カレンダーのことがあってから送っていた機関紙「積木」を読んでくださっていて、「去年のTシャツのプラスWeというコンセプトはすばらしいね」とほめていただきました。この年のプラスWeTシャツをステージで着ていただけないかと差し出すと、「プラスWeが小さくなって残念」と言いながらも着てくださいました。
 また、ゆめ風基金の呼びかけ人であることから5万円の交通費で来てくださったのですが、そのお金ですべて豊能障害者労働センターのTシャツを買ってくださいました。

 地震から4年、復興ムードが語られる一方で、その4年という時を必死に生きてきたひとびとの心の傷跡はかえって深くなっていく時期でした。
 そしてその後につづく金融不安、大不況、企業倒産、最悪の失業率、政治不信…。時代の変化の多くはわたしたちの望むものとはちがっても、がれきの下にあった生活、夢、こころ、にんげんのかおりは、残されたわたしたちにたくされていることを、このイベントを終えてより強く思いました。
 マスメディアの先頭を走りながら全国各地の小さな市民運動とのかかわりを大切に、少数者の思いを広く伝えつづけた筑紫哲也さん。
 筑紫哲也さんが亡くなってもう2年がすぎました。ますます混迷する時代の深い闇の中を、わたしたちはどこへ行くのかと思い惑う時、筑紫さんの存在があまりにも大きかったことを実感します。
 だからこそこれからは、わたしたち自身がわたしたちの道しるべになるしかないのだと思います。


TBS「News23 多事争論」1997年12月24日(水)放送 筑紫哲也

 テレビに対する数ある批判の中で、差別用語などでの自主規制が強すぎるのではないかという声がありますが、そのテレビ局も新聞のテレビ欄に対する新聞社側の規制に対しては非常に悩まされております。
 昨夜私どもは「障害者バンザイ」と題する番組をお送りしました。自分の環境に対して明るく立ち向かって、バンザイを唱えるひとりの女性を中心にえがいたんですが、このタイトルがふさわしくない。おそらく障害者団体からのクレームを恐れてのことだろうと思いますけれども、実際に番組にクレームはありませんでした。

 さて、今夜は自分のことではなく、異教徒であっても自分以外のことに思いを馳せる日でありますが、障害者の人たちは自分達がそうやって世の中から蓋をされるのではなくて、社会に参加し、自分も働くことを望んでいる人がたくさんいます。
 そしてそのひとつの試みですけれども、大阪の障害者の労働者センターの人たち、毎年、これ吉田たろうさんのイラストレーションですが、カレンダーを売ることによって、これひとつ千円ですけれども、そして障害者達の自立を助ける運動をやっております。
 今年は不景気でカレンダーがまだ余っているようであります。このファックスの番号に、よろしかったら蓋をするだけではなくて、思いを馳せていただければ良いと思います。

【豊能障害者労働センター FAX:0727−24−2395】

ページ先頭に戻る
Copyright (C) koisurukeizai All Rights Reserved
 恋する経済