競う経済から助け合う経済へ、争う経済から夢見る経済へ。障害者が参加、運営をになうソーシャルビジネスを応援するサイト

恋する経済&障害者市民事業ネットワーク
する経済
共に生きるすべてのひとの希望をたがやすために
恋する経済&障害者市民事業ネットワーク

筑紫哲也さんもまた、コミュニケーションの狩人なのだと思う
筑紫哲也トークイベントに寄せて

ブログ・恋する経済
恋する経済オリジナルTシャツ
ゆめ風基金とわたしたち
箕面市障害者雇用制度と豊能障害者労働センターが朝日新聞に紹介されました。2011/6/27
ぼくの「上を向いて歩こう」
永六輔さんNO.1
6月22日、永六輔さんが現れた
永六輔さんNO.2
「だいじょうぶ!永六輔ひとり応援団」  永六輔さんNO.2
テレビでなじみの声が聞こえた。
筑紫哲也さんのこと
1999年筑紫哲也トークイベントに寄せて
静かで、決してゆるがない決意
小室等さんのことNO.1
まるで風の又三郎のように
小室等さんのことNO.2
「歌う」のではなく「語る」歌
小室等さんのことNO.3
ゆめ風基金応援歌CD
小室等さんのことNO.4
ゆめ風基金応援歌CD
「風と夢」、「伝えてください」
ゆめ風基金応援歌CD
参加ミュージシャンのメッセージ
彼女が歌い始めると、空と大地が広がっていく。加納浩美さん
山田太一さん
山田太一1992・2001
ひとびとの「きもち」がやってくるぞ!
河野秀忠
「なにげない」が崩れたとき、見えてくる 牧口一二
テレビと力道山と山田太一
人生を変えてしまうテレビドラマがあった。
山田太一のドラマはフィクションで終わらなかった。
山田太一ファン・メッセージ
「車輪の一歩」を観て
山田太一ファン・メッセージ
「シルバーシート」を観て
山田太一ファン・メッセージ
もっともっと山田太一
山田太一さんとの対談を終えて
牧口一二
物静かに箕面市民会館に現れ、物静かに箕面を去って行った。
カレンダー
「やさしいちきゅうものがたり」
みんなでつくる春のバザー
平和を願うメッセージ
豊能障害者労働センター
30年ストーリー
ゆめ風基金とわたしたち
永六輔・山田太一・筑紫哲也
恋する経済のススメ
エッセイ&制度
1947年の手紙
「積木」編集分室


1995年の地震の時、被災地の障害者救援活動と平行して、長期的な支援と万一の時のためにと「ゆめ・風10億円基金」が発足した。筑紫哲也も呼びかけ人の一人だった。
 救援活動に参加したわたしたちは、その年7月の永六輔講演会以来、毎年開く大きなイベントから50万円をこの基金にあててきた。
 1999年、「ゆめ・風基金」は発足4年を記念して、5月16日には神戸で永六輔、5月23日には扇町の関西テレビホールでマルセ太郎と佐藤宗幸、そして5月30日には筑紫哲也と、連続イベントを企画した。
 わたしたちは筑紫さんのトークイベントをゆめ風基金と共催で開くことになり、筑紫さんは交通費5万円のみのギャランティーなしで来てくれることになった。

ゆめ風基金とわたしたち   1999年5月 細谷常彦

 
窓の外は、ちらちら雪がふっている。
だれかが手をふっている。
部屋の中にいるのがぼくなのか、
窓の外にいるのがぼくなのかわからない。
知らないだれかが手をふっている。
いっしょうけんめい叫んでいる。
なにひとつ聞こえない。
ぼくもそれにこたえていっしょうけんめい手をふる。
いっしょうけんめい叫ぶ。
だが、何を叫んでいるのかぼく自身にもわからない。

 機関紙「積木」の編集や催し物の呼びかけの手紙を書いていると、こんな光景が心に浮かぶ。
 伝えようとすることは伝えられないことをもふくみ、わかりあおうとすることはわかりあえないことをもふくんでいるのか。
 小さい時からどもりだった。ひとつの言葉がいえなくて、代わりの言葉を探しているうちに、なにを言いたいのかもわからなくなる。
 思い付くかぎりの言葉を使った果てにたどりつけないたったひとつの真実…。いつも言葉におびえ、言葉に飢えていた。

 最近になって、その飢餓感にも自分なりの納得ができるようになった。豊能障害者労働センターで障害者の仲間と出会い、みんながそれぞれ独自の言葉を持っていることを知った。
 小泉祥一さんが話の合間に持つ長い沈黙は、実は休憩しながら考えていること。
 平田和也さんの文法上おかしい独特の語り口は、実にその場の空気をとらえ、彼の気持ちがひしひしと伝わってくること。
 藤澤亜希代さんのお手紙の「おはよう、かわいい、びじん」は公式のあいさつで、好きなひとには日々の日常が書かれていること。
 山本貴士さんの言葉には人生の教訓がいっぱいふくまれていること。
 山上英也さんが高い声と低い声を使い分けて、それとなく「やりたくないこと」を主張すること。
 渡辺健二さんがひんしゅくを買うようなことを言いながら、実はみんなを元気づけていること。
 白井泰さんの沈黙には深い意味があること…。
 こんなに生き生きとした表現があることをはじめて知った。それは他人をふところ深く信頼するところから生まれることも。それさえあれば、時には言葉がなくても伝えられる。
 ひとはコミュニケーションの狩人なのだ。

 1997年の12月27日だったと思う。「筑紫です」と、受話器の向こうからテレビでなじみの声が聞こえた。
 世の中の不況色がより深くなっていったこの年、ぼくたちが毎年販売しているカレンダーの売れ行きがめっきり悪くなった。
 12月初め、ぼくたちの願いよ届いてくれと「ニュース23 筑紫哲也様」とあて名を書き、カレンダーとお願いの手紙を送った。
 情報が秒単位でブラウン管をかけめぐるテレビで取り上げられることは絶望的だとは思ったが、山と積まれたカレンダーを少しでも販売しなければと、ほんとうにわらをもつかむ思いだった。
 もうすっかりあきらめていた年の瀬に、筑紫哲也がぼくたちのカレンダーを手に持ち、障害者市民事情を語ってくれた。ぼくたちの切ない情報はたくさんの情報をかいくぐり、筑紫哲也にまで届いたのだと思う。
 そして、筑紫哲也は情報の大海からその小さな情報をすくい上げてくれたのだ。
 電話があったのは、その翌日だった。
 「ひとにすすめた以上、自分も買わなくてはね。スタッフにプレゼントしたいので」と、カレンダーを50部注文してくれたのだった。
 被災障害者支援「ゆめ・風10億円基金」から、箕面で筑紫哲也のトークイベントができないかと話が来たとき、不思議なめぐりあわせに驚いた。

 地震の時、公衆電話に長い列が並んだが、電話が通じることはまれだった。道路は無数の車であふれていた。
 ぼくたちは全国の障害者団体の呼びかけで集まってくる救援物資を被災地に運んだ。テレビや新聞ではわからなかった風景が延々とつづいた。
 住宅のがれき、ほこり、におい。一瞬にしてこわれてしまった、ほんの少し前まであったはずの生活。いつこわれるかも知れない家々の切ない灯りがいっそう夜を暗くしていた。
 がれきのそばに「無事です。○○にいます」という張り紙がたくさんあった。被災者の居所を書いただけの一枚の張り紙が、おそらくどんなマスコミよりも切実な情報だった。

 被災地の障害者の安否確認と刻々変わる状況がぼくたちに届けられたのも、神戸の被災地障害者センターから発進され、何ヵ所ものファックスを通って来るため字がつぶれてしまった一枚のファックスだった。
 「だれかいるか、生きているか、連絡してほしい」という一報からはじまったこのファックスは、毎日毎日、全国の障害者団体に届けられることになる。
 「○○さんはここにいる」。被災した障害者仲間の安否がどうなっているのか、ぼくたちが知りたい情報が書かれたこのファックスから、全国の障害者市民による被災障害者救援活動がはじまった。

 ひとは「自分はここにいる」ということをより遠く、より広く伝えるために「情報」という道具を発明したのだと思う。それは肉声や手をにぎりあう小さな人間関係から大きな社会へと変わっていくために必要なことだったのだろう。
 だが、情報がより大きく、より広くなることで、ほんとうに知りたい小さな合図が届かないこともある。一枚の張り紙や一枚のファックスは、伝えることの切実さをぼくたちに教えてくれた。

 筑紫哲也さんはマスコミに身をおきながら、小さな肉声の情報が時にはマスメディアよりも真実を伝えることがあることを知っている人なのだと思う。
 「ニュース23」の多事争論の放送時間は80秒だという。たった80秒の中に、ブラウン管からはみだしてしまう切実な情報をつめこむ彼の情熱が伝わってくる。
 マスコミのなかでも、特にテレビは情報の海だ。あらかじめ番組内容が決まっていても、突然の事件や災害でがらりと変わる。
 ほんの一分前まで大切な情報だったものが、時には報道されないまま消えていくこともあるだろう。多事争論の80秒は、見る側のぼくたちに「ブラウン管の中の事実」だけが真実ではないことを教えてくれる。
 筑紫哲也さんもまた、コミュニケーションの狩人なのだと思う。

 地震から4年たった今、わたしたちはどこにいて、どこに行くのか。筑紫哲也さんから80秒では語れないことをいっぱい聞かしてほしいと願うばかりだ。
 そして、小さくて大切な情報が体と心いっぱいにつまっている牧口一二さん(被災障害者支援「ゆめ・風10億円基金」事務局長)との対談も、どんな話になるのかとても楽しみにしている。
 5月30日、グリーンホールで開くこの催しに、みなさんのご来場を心よりお待ちしています。

ページ先頭に戻る
Copyright (C) koisurukeizai All Rights Reserved
 恋する経済