競う経済から助け合う経済へ、争う経済から夢見る経済へ。障害者が参加、運営をになうソーシャルビジネスを応援するサイト

恋する経済&障害者市民事業ネットワーク
する経済
共に生きるすべてのひとの希望をたがやすために
恋する経済&障害者市民事業ネットワーク

ぼくの「上を向いて歩こう」
永六輔さん NO.1

ブログ・恋する経済
恋する経済オリジナルTシャツ
ゆめ風基金とわたしたち
箕面市障害者雇用制度と豊能障害者労働センターが朝日新聞に紹介されました。2011/6/27
ぼくの「上を向いて歩こう」
永六輔さんNO.1
6月22日、永六輔さんが現れた
永六輔さんNO.2
「だいじょうぶ!永六輔ひとり応援団」  永六輔さんNO.2
テレビでなじみの声が聞こえた。
筑紫哲也さんのこと
1999年筑紫哲也トークイベントに寄せて
静かで、決してゆるがない決意
小室等さんのことNO.1
まるで風の又三郎のように
小室等さんのことNO.2
「歌う」のではなく「語る」歌
小室等さんのことNO.3
ゆめ風基金応援歌CD
小室等さんのことNO.4
ゆめ風基金応援歌CD
「風と夢」、「伝えてください」
ゆめ風基金応援歌CD
参加ミュージシャンのメッセージ
彼女が歌い始めると、空と大地が広がっていく。加納浩美さん
山田太一さん
山田太一1992・2001
ひとびとの「きもち」がやってくるぞ!
河野秀忠
「なにげない」が崩れたとき、見えてくる 牧口一二
テレビと力道山と山田太一
人生を変えてしまうテレビドラマがあった。
山田太一のドラマはフィクションで終わらなかった。
山田太一ファン・メッセージ
「車輪の一歩」を観て
山田太一ファン・メッセージ
「シルバーシート」を観て
山田太一ファン・メッセージ
もっともっと山田太一
山田太一さんとの対談を終えて
牧口一二
物静かに箕面市民会館に現れ、物静かに箕面を去って行った。
カレンダー
「やさしいちきゅうものがたり」
みんなでつくる春のバザー
平和を願うメッセージ
豊能障害者労働センター
30年ストーリー
ゆめ風基金とわたしたち
永六輔・山田太一・筑紫哲也
恋する経済のススメ
エッセイ&制度
1947年の手紙
「積木」編集分室


 1995年7月2日、わたしたちは箕面市民会館で永六輔トークイベント「だいじょうぶ!永六輔ひとり応援団」を開催した。この催しを企画ししている間に阪神大震災となり、わたしたちは被災障害者救援活動のさ中に準備を進めることになる。当日は700人のお客さんが来場された。

ゆめ風基金とわたしたち  1995年6月 細谷常彦


しあわせは 雲の上に
しあわせは 空の上に
上を向いてあるこう 涙がこぼれないように
泣きながらあるく一人ぼっちの夜
                  永六輔作詞・中村八大作曲「上を向いて歩こう」

 「上を向いて歩こう」がまた世界的にヒットしている。三回目のブームだという。
 1961年、ぼくがまだ中学二年生だった時、テレビはまだ特別なものだった。ぼくの家族は母と兄とぼくの三人で、板塀で囲ったようなバラックの家で、府道に面した部分で大衆食堂を母が一人で切り盛りしていた。
 いわゆる私生児で父はときどき家に来たが、そのころぼくはそのひとが父であるとはっきりわからなかったし、ぼくら家族の身の上を特別なものだとは思ってもいなかった。
 そのことを知ったのはずっと後、ぼくが結婚する時に母から打ち明けられた時で、高校生の時にうすうす感じてはいたが、自分でも鈍感で世間知らずだったなと思う。ぼくにとっては、自分がどもりであることの方がよっぽど大きな問題だった。
 今から思えば、となり近所の人々がそれとなくぼくたちの家族を見守ってくれていた。そして、まわりの人々もまたそれぞれの事情をかかえていた。
 「福祉」ははるか遠くの空で踊り、ぼくたちの地面には降りてはいなかった。

 ぼくらの街に、電器製品の修理をしていた「どものおっさん」がいた。どぶ川の上に建てたバラックで、ひとり住まいだった。
 大人たちの話によると、「どもりがひどく、仕事につけなくて嫁さんに逃げられた」らしい。
 電気自体がまだ全国に行き届いていなくて、ほとんどのひとたちはまだ新品を買うことはなく、彼はどこからか手に入れてきたこわれたラジオの修理品を売り、それをまた修理することで生計を立てていた。
 実際、それほどくわしい電気の知識がないらしく、よくこわれたのだが、なんとなくみんなが彼の生活を支えていたのだった。
 そのすぐ後にものすごいスピードでテレビ、洗濯機、冷蔵庫、いわゆる「三種の神器」が広まり、彼もテレビの修理をはじめたものの知識がともなわず、やがてこの街からいなくなった時、かわりにぼくたちの家にやってきたのがテレビだった。

 ぼくたちはみんな、テレビに夢中だった。今のように時間通りに終わらなくて、「しばらくお待ちください」という灰色のブラウン管を見つめつづけている間に、大人たちの風景が大きくつくりかえられていたことを、ぼくたちは知るよしもなかった。
 戦後10年、日本全体が不安定なグライダーで、地面から浮き上がろうとして墜落し、墜落しては浮き上がろうともがいていた。
 夢と希望と失望と欲望と巧妙な嘘と裏切られた正義…。
 ぼくたちの足元の地面はまだアスファルトのオブラートには包まれず、黒くよどんでいた。ちぎれた鉄条網がぼくたちの足を傷つけ、布製のグローブからボールは野原をころがっていった。
 ぼくたちが見つめつづけた灰色の風景の中を、少年の夢は地面の黒い闇からもうひとつの白い闇へと飛んで行った。

 永六輔さんの名前をはじめて知ったのは、この年、1961年にはじまったNHKの「夢であいましょう」という番組だった。永六輔作詞の「今月の歌」で、「上を向いて歩こう」を坂本九が歌っていた。
 しあわせは雲の上に、しあわせは空の上に、上を向いて歩こう。
 そうだ、しあわせ。この歌の「しあわせ」こそが、ぼくの少年時代の夢となった。どもりの少年のごうまんな夢は、自分のきびしい現実を消しゴムで消してしまった。

 夏には夜中の2時まで店を開き、銭湯帰りの客に添加物いっぱいのみかん水を売り、朝には工員目当てにどんぶり鉢に卵の入った味噌汁とどんぶり鉢いっぱいのごはんを売るために五時に起きる。
 そんな過酷な日常をくりかえしてぼくたちの生活をささえていた母。やぶれた靴下と足の裏の間にたまりにたまった土と垢。
 お店のチューインガムを盗んでは近所の友だちに配り、こっぴどく母に怒られ、駐在所にひきずりまわされた昼。
 板塀の一枚で区切られた部屋の節の穴から、部分日食を観測したあの日。
 金持ちの家の子のお古の半ズボンをはかないと駄々をこねた屈辱の朝。

 そうだ、しあわせ。現実のいっさいを黒い地面にたたきつけ、なぜかしらサラリーマンになりたい!
 サラリーマンの意味もわからず、とにかくこの地面から飛びたてば、しあわせになれる。幻のサラリーマン。
 そうだ、上を向いて歩こう。ブラウン管でゆれている銀座のビルたち。背広を着て、ネクタイをしめて、昼にはこぎれいなお店で昼ごはんをたべよう。
 切れたタコのように、遠く遠く、この街から出て行こう。
 その時、ぼくは無意識にその後につづく「涙がこぼれないように」という歌詞を心の奥にしまっておいた。

 ぼくの心の遠いかなた、あの「しあわせ」はどこかの空でまだ泳いでいる。
 もし子ども時代への復讐がひとを大人にするなら、あの地面の黒い闇も野原も母の食堂のくすんだテーブルクロスの上にこぼれたキッコーマン醤油のシミも、従兄弟が乗ってきたあの街ではふつりあいのキャデラックも小便臭い映画館のくたびれたスクリーンも、ぼくが大人になるための秘密のとびらだったのかもしれない。
 そして、タコに乗って飛んで行ったはずの子ども時代のぼくと、空を見上げ、いまもタコを見つめ続けている大人になったぼくの間で、季節は変わり時は過ぎ、まわりの景色は変わってしまったが、見えないタコ糸がはげしい風にちぎれそうになる時、聴こえてくる歌はこの歌、ぼくの「上を向いて歩こう」…。

ページ先頭に戻る
Copyright (C) koisurukeizai All Rights Reserved
 恋する経済