競う経済から助け合う経済へ、争う経済から夢見る経済へ。障害者が参加、運営をになうソーシャルビジネスを応援するサイト

恋する経済&障害者市民事業ネットワーク
する経済
共に生きるすべてのひとの希望をたがやすために
恋する経済&障害者市民事業ネットワーク

6月22日、永六輔さんが大阪のフェスティバルホールに現れた
永六輔さん NO.2

ブログ・恋する経済
恋する経済オリジナルTシャツ
ゆめ風基金とわたしたち
箕面市障害者雇用制度と豊能障害者労働センターが朝日新聞に紹介されました。2011/6/27
ぼくの「上を向いて歩こう」
永六輔さんNO.1
6月22日、永六輔さんが現れた
永六輔さんNO.2
「だいじょうぶ!永六輔ひとり応援団」  永六輔さんNO.2
テレビでなじみの声が聞こえた。
筑紫哲也さんのこと
1999年筑紫哲也トークイベントに寄せて
静かで、決してゆるがない決意
小室等さんのことNO.1
まるで風の又三郎のように
小室等さんのことNO.2
「歌う」のではなく「語る」歌
小室等さんのことNO.3
ゆめ風基金応援歌CD
小室等さんのことNO.4
ゆめ風基金応援歌CD
「風と夢」、「伝えてください」
ゆめ風基金応援歌CD
参加ミュージシャンのメッセージ
彼女が歌い始めると、空と大地が広がっていく。加納浩美さん
山田太一さん
山田太一1992・2001
ひとびとの「きもち」がやってくるぞ!
河野秀忠
「なにげない」が崩れたとき、見えてくる 牧口一二
テレビと力道山と山田太一
人生を変えてしまうテレビドラマがあった。
山田太一のドラマはフィクションで終わらなかった。
山田太一ファン・メッセージ
「車輪の一歩」を観て
山田太一ファン・メッセージ
「シルバーシート」を観て
山田太一ファン・メッセージ
もっともっと山田太一
山田太一さんとの対談を終えて
牧口一二
物静かに箕面市民会館に現れ、物静かに箕面を去って行った。
カレンダー
「やさしいちきゅうものがたり」
みんなでつくる春のバザー
平和を願うメッセージ
豊能障害者労働センター
30年ストーリー
ゆめ風基金とわたしたち
永六輔・山田太一・筑紫哲也
恋する経済のススメ
エッセイ&制度
1947年の手紙
「積木」編集分室


 震災直後からの被災障害者救援活動を経てゆめ風基金が設立された。全国の障害者団体のネットワークに加えて、永六輔さんが呼びかけ人代表を引き受けて下さることで、各分野で活躍されている方々が続々とこの基金運動の呼びかけ人になってくださった。
 1995年6月22日、ゆめ風基金結成イベントが大阪のフェスティバルホールで開かれ、全国から2800人のお客さんが来場された。
 このイベントに来場されたひとびとをはじめ、全国各地で基金活動をすすめられ、初期に必要な復興資金を被災障害者に届けることができた。
 この基金運動を通してわたしたちは、単にお金だけでなく、全国の障害者団体をはじめとするたくさんのひとびとの心が届けられ、ひととひととがつながることで共に生きる勇気がつくられることを実感した。

       ゆめ風基金とわたしたち  1995年6月 細谷常彦


上を向いて歩こう なみだがこぼれないように
なきながら歩く ひとりぼっちの夜
            
永六輔作詞・中村八大作曲「上を向いて歩こう」

 1961年、ぼくは中学2年生だった。60年安保闘争の嵐が走り抜け、貧困と欲望と希望と後悔が渦巻き、時代は墜落しそうになりながら重たい翼を明日に向かって必死に持ち上げていた。
 母と兄とぼくの3人は、雨露をしのぐだけのバラックで身を寄せて暮らしていた。
 ぼくと兄を育てるために朝6時から深夜1時まで一膳飯屋を女ひとりで切り盛りし、必死に働いていた母のせつなさと反比例するように、ぼくたちは圧倒的に貧乏だった。
 そしてぼくはといえば、この暮らしから脱出することを夢見ていた。「いつかきっと、サラリーマンになって金持ちになる」。
 甘い夢と根拠のない野心を隠し持つ父親のいないぼくに、坂本九やジェリー藤尾、森山加代子が歌った数多くのヒットソングは心に染みた。
 雑音だらけのラジオ、画面がゆれては時々ぷっつりと消えてしまうテレビから流れたその頃の歌は、ぼくの心をふるわせた。
 1961年、隣近所が、街中が、日本全体が「戦後」から離陸しようともがいていた。 あの時代を席巻し、そして今も世界中で歌い継がれるヒットナンバー「上を向いて歩こう」を作詞した永六輔さんを間近に見ることになるとは、思いもしなかった。

 1995年の地震直後か、それとも春先だったろうか。牧口一二さん、河野秀忠さん、八幡隆司さんに同行し、被災者救援イベント会場に出演されていた永六輔さんを訪ねた。
 牧口さんたちは阪神大震災の被災障害者を長期支援するための「ゆめ風基金」の立ち上げイベントへの協力依頼と、永さんに基金の呼びかけ人代表を引き受けてもらうために永さんに会いに行くことになったのだった。
 ぼくはこの年の7月に、豊能障害者労働センター主催で永さんのトークイベントをすることになっていた関係で同行させていただいた。
 はじめて見た永さんはとても大きな人で、特に顔が大きく真っ赤だった。その人が放つエネルギーは火傷するほど熱く、とてつもなく大きなやさしさにたじろぎ、ぼくは恐怖さえ感じてしまった。
 この人にお願いする以上、こちらも覚悟を決めなくてはと思った。

 その印象を持ったまま6月22日、ぼくは大阪のフェスティバルホールで開かれた「ゆめ風基金」の立ち上げイベントのスタッフとして、今でも実際の年がわからないステキな女性障害者・Tさんと2人で永さんの控え室担当になった。
 このイベントは障害者運動のネットワークが結集し、当日2800人のお客さんが入った最大級のイベントだった。
 永さんの他に大阪フィルハーモニー、紙ふうせんなど、多数のアーティストが参加していたが、永さんの控え室はそのまま全体のミーティングにも利用されることになっていた。

 湯呑みぐらいはあったように思うが、いわゆるケータリンググッズもほとんど用意されていない。「そういうものは担当者が適当に用意してください」という、予想していたとおりの指示で、先日の永さんの迫力を思い出し、正直緊張していた。
 それはTさんも同じみたいで、「どうしようかな、何したらいいんやろ、永さんのような有名人にどう接したらいいんかな、ああどうしょう」と、ぼくをますます緊張させるようなことを耳元でささやくのだった。
 顔を見ると言葉ほどには緊張してるようではなく、このひとはなかなかのくせ者だと思った。「会場に来られたら控え室にお通しするので、お茶でも飲んでもらって」と言われたが、肝心のお茶がない。しかたがない、現地調達に行きましょうと、外に出た。「だいじょうぶかな、なんとかなるかな、ミスしたらどうしょう、だいじょうぶや、どっちみち相手も人間なんやから、気楽に行こう、なんとかなるやろ。な、細谷さん」と相変わらずぶつぶつ言いながらTさんは、軽度の脳性マヒといわれる独特の風情でぶらぶら歩いている。
 そんな彼女と身の上話などもしながらコンビニで買い物している間に、ぼくはすっかり緊張がほぐれた。ああ、ここにも人生の達人がいる。

 控え室にもどり、お茶の準備もすましたものの、いっこうに永さんは現れない。おかしいなと思っていたら、もうとっくに会場にいるらしいという情報が入り、ぼくは急いで会場に行った。
 永さんはリハーサルを聞きながら、あっちの座席こっちの座席と大きな体をゆすりながら動きまわっていた。
 「あのー、お茶を入れますので、控え室に…」と言う間もなく、「ありがとう、気を使わんでいいから、ぼくは勝手にしてるので」と、つれない返事。
 落ち着かん人やな、と思いながらも何にもしなくていい気楽さに、Tさんとぼくはほっとした。

 やがて、永さんの控え室で舞台スタッフ、出演者が集まり、打ち合わせがはじまった。実は、超多忙な永さんが来る前にすでに打ち合わせはすましていて、その確認ぐらいの感じで舞台監督がスケジュールの説明をしていた。
 ところが、永さんはそれをことごとくひっくり返してしまうのだった。他の人たちはみんな口をぽかんとあけ、当惑している。静まり返った中、永さんだけが早口にしゃべっていた。
 ぼくは横で聞きながら、永さんのほんとうのすごさを知った。永さんは完璧にお客さんの立場に立っていた。それはみごとなもので、反論の余地がなかった。
 初顔合わせの出演者が集まったイベントの場合、出演者への気づかいから舞台づくりをしてしまうことがよくある。その中でも永さんへの気づかいもあったと思う。
 永さんはそれをもっとも嫌う人なのだと思う。お客さんはわざわざ時間をこの催しのために使うのだから、入場料以上の満足を持って帰ってもらわないといけない。
 その信念はすごいもので、稀代の才人で放送作家、作詞家その他数々の分野で活躍されてきた人だけど、お客さんへのサービスを第一と考える「芸の人」なのだ。

 リハーサルの間、あっちの座席こっちの座席と飛び回っていたのは、どうすればお客さんに楽しんでもらえるか、そしてどうすればゆめ風基金の願いをお客さんに伝えられるのか、そのことで永さんは頭がいっぱいだったのだ。
 控え室でお茶なんか飲んでる暇はないのだ。このイベントにかける永さんの思いが伝わってきて、胸にじんと来た。
 今では慣れてしまったけれど、開場と同時にマイクを持ち、入場整理をしながら開演まで話し続けるのも、お客さんを一番に考える永さんの思想といっていい。
 お客さんはもちろん大喜びで、何度も笑い転げ、何度も涙を流す。おかしくて、楽しくて、元気が出て、そしてやさしくなれる。
 永さんはお客さんとそんな豊かな時間を共有し、満足して帰ってもらうことに全力をつくすのだった。

 その日の終演近くに、東京の永さんの事務所から電話がかかってきた。「永はまだ出ていませんか。明日の予定があるので」。
 ぼくはいそいで舞台袖に走って行き、機会を見つけて永さんに伝えた。「わかっているよ。悪いけれど、最後まではおれそうにないね」。
 永さんは時計を気にしながらぎりぎりまで舞台に立っていた。そして「もう限界、またね」と、スタスタと会場ロビーへと向かった。
 ぼくは永さんの帰りのタクシーを段取りするよう言われていた。「タクシーをすぐに用意します」と言ったが、「そんなものいらないよ、ここから淀屋橋まで歩くから」と言い残し、大きな肩にかばんをかけ、上体をななめにゆすりながら走って行った。
 なんてやさしくていさぎよくて、いそがしい人なんだと思った。今日一日、びっくりすることばっかりだった。
 それから毎年、何回となくゆめ風のイベントで永さんのそばにいる機会を得たが、舞台を下りている時はぐったりされていることもあったが舞台ではそんな素振りはまったくない。
 ぼくたちが気を使うと「もっとぼくをこきつかわないとだめじゃない。人をつかうのが下手なんだから」と機嫌が悪くなる。
 かかわりを持つ以上、ゆめ風基金のためになることなら何でも引き受ける。そのことがお客さんにもぼくたちスタッフにも伝わって、いつもぼくたちは涙が出てしまうのだった。

 ゆめ風基金立ち上げイベントの10日後、1995年7月2日、いよいよ箕面に永六輔さんがやってきた。

ページ先頭に戻る
Copyright (C) koisurukeizai All Rights Reserved
 恋する経済