競う経済から助け合う経済へ、争う経済から夢見る経済へ。障害者が参加、運営をになうソーシャルビジネスを応援するサイト

恋する経済&障害者市民事業ネットワーク
する経済
共に生きるすべてのひとの希望をたがやすために
恋する経済&障害者市民事業ネットワーク

心に深く、大地に広く、歌はながれる
ゆめ風基金とわたしたち


ブログ・恋する経済
恋する経済オリジナルTシャツ
ゆめ風基金とわたしたち
箕面市障害者雇用制度と豊能障害者労働センターが朝日新聞に紹介されました。2011/6/27
ぼくの「上を向いて歩こう」
永六輔さんNO.1
6月22日、永六輔さんが現れた
永六輔さんNO.2
「だいじょうぶ!永六輔ひとり応援団」  永六輔さんNO.2
テレビでなじみの声が聞こえた。
筑紫哲也さんのこと
1999年筑紫哲也トークイベントに寄せて
静かで、決してゆるがない決意
小室等さんのことNO.1
まるで風の又三郎のように
小室等さんのことNO.2
「歌う」のではなく「語る」歌
小室等さんのことNO.3
ゆめ風基金応援歌CD
小室等さんのことNO.4
ゆめ風基金応援歌CD
「風と夢」、「伝えてください」
ゆめ風基金応援歌CD
参加ミュージシャンのメッセージ
彼女が歌い始めると、空と大地が広がっていく。加納浩美さん
山田太一さん
山田太一1992・2001
ひとびとの「きもち」がやってくるぞ!
河野秀忠
「なにげない」が崩れたとき、見えてくる 牧口一二
テレビと力道山と山田太一
人生を変えてしまうテレビドラマがあった。
山田太一のドラマはフィクションで終わらなかった。
山田太一ファン・メッセージ
「車輪の一歩」を観て
山田太一ファン・メッセージ
「シルバーシート」を観て
山田太一ファン・メッセージ
もっともっと山田太一
山田太一さんとの対談を終えて
牧口一二
物静かに箕面市民会館に現れ、物静かに箕面を去って行った。
カレンダー
「やさしいちきゅうものがたり」
みんなでつくる春のバザー
平和を願うメッセージ
豊能障害者労働センター
30年ストーリー
ゆめ風基金とわたしたち
永六輔・山田太一・筑紫哲也
恋する経済のススメ
エッセイ&制度
1947年の手紙
「積木」編集分室

 
 特定非営利活動法人・ゆめ風基金(代表理事・牧口一二)は阪神大震災を教訓に、被災障害者の長期支援と、いざというときにすぐに救援金を届けることを目的に発足しました。
 阪神大震災の時、避難所になった学校や会館そして仮設住宅は、障害者市民にはとても使えるものではありませんでした。
 また視覚や聴覚そして知的に障害がある市民には最低限の必要な情報が届かず、非常事態における被害が直撃しました。

 そんな困難な状態にありながら被災地の障害者市民の生きる場・働く場をつくってきた障害者市民グループと全国の障害者市民グループが結集し、被災障害者の救援活動に立ち上がり、緊急の救援物資を届け、介助者派遣、障害者用住宅建設など、大きな成果を得ることができました。
 全国からの支援に力づけられた被災地の障害者たちは、一般より早く届いた救援物資を活用して寒さにふるえる地域の人びとに豚汁を炊き出し、独居の高齢者に手づくりの弁当を配りました。
 障害があるひともないひとも、みんなで助け合っていこうとした被災地の障害者たちの行動は地域全体を元気づけ、またそれを支援した全国の障害者たちを勇気づけたのでした。

 「ゆめ風基金」はその成果を受け継ぎ、ふだんから非常事態に備え、必要なときにすぐに救援金を届け、長期的な支援をしていくために結成されました。
 永六輔さんをはじめとする多くの著名な方々と、長年にわたり障害者市民運動を続けて来た方々が呼びかけ人になってくださり、この16年に寄せられた基金は2億円を超えました。
 一方、阪神大震災から16年、ほんとうに必要なところへ確実にしっかり届けるためには、いち早く正確な情報が得られるネットワーク(ゆめ風ネット)が必要と考え、全国の障害者団体によびかけ、現在49都道府県の障害者団体に拠点を引き受けていただいています。その結果この16年間に国内国外の災害の被災障害者救援活動に約4000万円の救援金を届けた他、総額8800万円の無利子の貸し付けをしてきました。また、2001年にNPO法人格を取得して基金の透明性をより明確化することができました。またいつどこで災害があってもすぐに救援活動ができるように、さまざまなイベントを通してより広く基金の呼びかけるとともに、誰ひとり死なないための「防災・減災」に力を注いでいます。


 豊能障害者労働センターは障害者救援本部の活動に積極的に参加した後、ゆめ風基金の設立準備から現在にいたるまで、ゆめ風基金の活動に積極的に参加してきました。
 ゆめ風基金の設立当初は豊能障害者労働センターは毎年イベントをしていて、数年間はイベントの売り上げから50万円を送金していましたし、ゆめ風基金主催のイベントを機関紙「積木」で紹介したり、ボランティアスタッフを派遣したりする他、筑紫哲也さんのトークイベントのように実施団体(共催団体)になる場合もありました。
 また、豊能障害者労働センターのイベントには、必ず後援団体になっていただいている他、事務局スタッフの方が必ず応援にきてくださっています。
 筑紫哲也さんが来られた時、「ゆめ風基金と豊能障害者労働センターはどんな関係?」とたずねられて、ゆめ風基金の副代表理事で、豊能障害者労働センターの前代表でもあった河野秀忠氏が「親戚です」と答えると、納得されてしまうほど、深い絆でつながっていると思います。
これからも、ゆめ風基金の活動やイベントに参加していきたいと思います。
このコーナーでは、過去にゆめ風基金の関係で開いたイベントのメイキングや、関係する方々に関するエッセイなどを掲載します。

ページ先頭に戻る
Copyright (C) koisurukeizai All Rights Reserved
 恋する経済