競う経済から助け合う経済へ、争う経済から夢見る経済へ。障害者が参加、運営をになうソーシャルビジネスを応援するサイト

恋する経済&障害者市民事業ネットワーク
する経済
共に生きるすべてのひとの希望をたがやすために
恋する経済&障害者市民事業ネットワーク

彼女が歌い始めると、空と大地が広がっていく。
加納浩美さんのこと

ブログ・恋する経済
恋する経済オリジナルTシャツ
ゆめ風基金とわたしたち
箕面市障害者雇用制度と豊能障害者労働センターが朝日新聞に紹介されました。2011/6/27
ぼくの「上を向いて歩こう」
永六輔さんNO.1
6月22日、永六輔さんが現れた
永六輔さんNO.2
「だいじょうぶ!永六輔ひとり応援団」  永六輔さんNO.2
テレビでなじみの声が聞こえた。
筑紫哲也さんのこと
1999年筑紫哲也トークイベントに寄せて
静かで、決してゆるがない決意
小室等さんのことNO.1
まるで風の又三郎のように
小室等さんのことNO.2
「歌う」のではなく「語る」歌
小室等さんのことNO.3
ゆめ風基金応援歌CD
小室等さんのことNO.4
ゆめ風基金応援歌CD
「風と夢」、「伝えてください」
ゆめ風基金応援歌CD
参加ミュージシャンのメッセージ
彼女が歌い始めると、空と大地が広がっていく。加納浩美さん
山田太一さん
山田太一1992・2001
ひとびとの「きもち」がやってくるぞ!
河野秀忠
「なにげない」が崩れたとき、見えてくる 牧口一二
テレビと力道山と山田太一
人生を変えてしまうテレビドラマがあった。
山田太一のドラマはフィクションで終わらなかった。
山田太一ファン・メッセージ
「車輪の一歩」を観て
山田太一ファン・メッセージ
「シルバーシート」を観て
山田太一ファン・メッセージ
もっともっと山田太一
山田太一さんとの対談を終えて
牧口一二
物静かに箕面市民会館に現れ、物静かに箕面を去って行った。
カレンダー
「やさしいちきゅうものがたり」
みんなでつくる春のバザー
平和を願うメッセージ
豊能障害者労働センター
30年ストーリー
ゆめ風基金とわたしたち
永六輔・山田太一・筑紫哲也
恋する経済のススメ
エッセイ&制度
1947年の手紙
「積木」編集分室

ゆめ風基金とわたしたち  細谷常彦 


 加納浩美さんとの出会いは、豊能障害者労働センター設立された1982年にさかのぼる。
 この年、ぼくは妻と友人の3人で、ロックコンサートを企画した。このイベントが、ぼくが最初に企画したイベントだった。
 ぼくはこのコンサートに出演してくれるバンドをさがしていて、当時の情報誌「プレイガイドジャーナル」の記事を読み、玉野井徹さんと、彼が参加していたバンド「トキドキクラブ」と出会った。
 玉野井さんはバンドのメンバーだけでなく、多くの友人を紹介してくれた。そのうちのひとりが加納浩美さんだった。

 加納さんは神戸市に住んでいて、その時すでにTシャツのプリントをする「ぺぱーらんど」で働いていた。1995年の阪神淡路大震災の時、彼女は神戸市長田区にいて、すぐ目の前まで火事の火が迫るところを避難したと聞く。
 「ぺぱーらんど」は被災障害者を支援するため「ガッツくんTシャツ」を製作した。ユニークなデザインとともに「がんばる心はつぶれへん」というメッセージは全国に広がり、SMAPの木村拓哉さんも着てくれたりと、被災地のひとびとを勇気づけた。

 1998年、豊能障害者労働センターが新しい事業としてTシャツ製作をはじめることができたのは、「ガッツくんTシャツ」がずっと心にあったからだった。
 「ガッツくんTシャツ」に学び、わたしたちもひとの心に届くメッセージTシャツをつくりたいと思い、加納さんたちに相談した。
 プリント製作の実際を知らなかったわたしたちの無茶な要望にも怒らずに、加納さんたちは手取り足とりアドバイスをしてくれて、何度も何度も試作をくりかえした。
 こうしてわたしたちのメッセージTシャツ「プラスWe」Tシャツが誕生した。
 もちろん、Tシャツ製作でのつきあいは今でもそのまま続いていて、仕事上の関係というよりは、共に生きる仲間、同士のように思っている。
 ゆめ風基金が立ち上がり、イベントの手伝いに行くと加納さんが参加していて、とてもうれしかった。それから豊能障害者労働センターのバザーやイベントに欠かせない出演者で、もう何回箕面に来てくれたかも数えきれない。
 もちろん、ゆめ風基金のイベントにはいつも彼女の姿と澄んだ歌声がある。

 都会のアスファルトの下に遠く、いとおしい田園と山々が一望に見えるように、彼女がつくる歌は聴くひとの心のはるか遠く、なつかしい夢と明日を生きる勇気に満ちている。
 生きるために歌を必要としているひとのためにこそ、彼女は歌う。だから、たとえたった一人の観客しかいなかったとしても、そのひとりを彼女のファンにしてしまう。
 高く澄んだ声を持つ数々の女性ボーカリストのひとりではあるが、彼女の声は決してやさしく溶け込んでいくような声ではなく、キラキラした雪の結晶のようでもあり、きびしい自然にきたえられた硬質の水のようでもある。
 都会の広場やホールの舞台で、ギターひとつで彼女が歌い始めると、空と大地が広がっていく。それはおそらく、彼女の生まれ育った秋田の田園へとつながっている。
 2005年、ゆめ風基金の10年を記念してつくられた、永六輔・谷川俊太郎作詞、小室等作曲のゆめ風基金応援歌CD「風と夢・伝えてください」のレコーディングにも参加し、それ以後この歌をステージで歌ってくれている。


加納浩美

1961年、秋田県天王町に生まれる。神戸市在住。シンガーソングライター。24歳、初めてバンドを組み、各種オーデションを荒らしまくる。平行してソロ活動もしていたが、1995年の震災以後、ギターの弾き語りでオリジナルの他、ジャンルを問わず自らの感性で選んだ数々の名曲を歌いつづけている。

現在も震災関連イベントや障害者団体の催し等、請われるままに年間40回程のライブを継続している。

*作品に、トルコ・台湾地震救援活動支援CD「ラブパラシュート」がある。

ページ先頭に戻る
Copyright (C) koisurukeizai All Rights Reserved
 恋する経済