競う経済から助け合う経済へ、争う経済から夢見る経済へ。障害者が参加、運営をになうソーシャルビジネスを応援するサイト

恋する経済&障害者市民事業ネットワーク
する経済
共に生きるすべてのひとの希望をたがやすために
恋する経済&障害者市民事業ネットワーク
物静かに箕面市民会館に現れ、物静かに箕面を去って行った。
2001年山田太一講演会を終えて
ブログ・恋する経済
恋する経済オリジナルTシャツ
ゆめ風基金とわたしたち
箕面市障害者雇用制度と豊能障害者労働センターが朝日新聞に紹介されました。2011/6/27
ぼくの「上を向いて歩こう」
永六輔さんNO.1
6月22日、永六輔さんが現れた
永六輔さんNO.2
「だいじょうぶ!永六輔ひとり応援団」  永六輔さんNO.2
テレビでなじみの声が聞こえた。
筑紫哲也さんのこと
1999年筑紫哲也トークイベントに寄せて
静かで、決してゆるがない決意
小室等さんのことNO.1
まるで風の又三郎のように
小室等さんのことNO.2
「歌う」のではなく「語る」歌
小室等さんのことNO.3
ゆめ風基金応援歌CD
小室等さんのことNO.4
ゆめ風基金応援歌CD
「風と夢」、「伝えてください」
ゆめ風基金応援歌CD
参加ミュージシャンのメッセージ
彼女が歌い始めると、空と大地が広がっていく。加納浩美さん
山田太一さん
山田太一1992・2001
ひとびとの「きもち」がやってくるぞ!
河野秀忠
「なにげない」が崩れたとき、見えてくる 牧口一二
テレビと力道山と山田太一
人生を変えてしまうテレビドラマがあった。
山田太一のドラマはフィクションで終わらなかった。
山田太一ファン・メッセージ
「車輪の一歩」を観て
山田太一ファン・メッセージ
「シルバーシート」を観て
山田太一ファン・メッセージ
もっともっと山田太一
山田太一さんとの対談を終えて
牧口一二
物静かに箕面市民会館に現れ、物静かに箕面を去って行った。
カレンダー
「やさしいちきゅうものがたり」
みんなでつくる春のバザー
平和を願うメッセージ
豊能障害者労働センター
30年ストーリー
ゆめ風基金とわたしたち
永六輔・山田太一・筑紫哲也
恋する経済のススメ
エッセイ&制度
1947年の手紙
「積木」編集分室
ゆめ風基金とわたしたち  2001年7月 細谷常彦


 その若い女性は山田太一さんへの手紙とプレゼントの入った紙袋と、山田太一さんの著書を持っていた。
 「もしよろしければ、直接お渡しになりますか?」と、ぼくが言うと、彼女は細い目を開き、「えっ、そんなことができるんですか」とおどろきとうれしさを顔いっぱいに表した。
 「いまの時間なら、だいじょうぶだと思います」と、ぼくは控え室に案内した。

 控え室に入り、山田太一さんに紹介すると彼女は感激のあまり泣き出した。すこし照れたように山田太一さんは「どうなさったんでしょうね」と言った。
 ぼくもまた山田太一さんのファンで、もし主催者の一員でなかったら、ゆっくりと山田太一さんのお話を聞いていたいと思っていた。
 そして、間近に山田太一さんの顔を見たらどうなるだろうと思った時、ぼくもまたつい、涙ぐんでしまった。

 彼女はほとんど口を開かず、手紙とプレゼントを渡し、控え室を出た。ぼくもいっしょにロビーの方に戻る途中、「よくぞ、ファンでいてくれましたね」と、わけのわからないことを彼女に言った。
 しばらくして、彼女が抱えていた本のことが気になった。もしかしたら、サインをしてほしかったのではないか、もしそうなら、もう一言声をかけたらよかったなと後悔した。

 たしかに、今回はなにかと宣伝がおくれ、来ていただいたお客さんが少なかったと反省している。(それでも650人の方が来てくださった。)、山田太一さんにも牧口一二さんにも申しわけなかったと思っている。
 けれども、来てくださった方々のなかに猛烈なファンの方がたくさんいらっしゃったことと思う。北大阪の小さな街で、こんな機会をつくることができたことを感謝している。
 山田太一さんは、9年前と同じように、物静かに箕面市民会館に現れ、物静かに箕面を去って行った。
 間近にいてもぼくにとってやっぱり「遠いひと」だった。それがファンというものなんだと思う。
 後日、アンケートを読んでいると、山田太一さんの息子さんと知り合いの、箕面市内の女性からのメッセージがあった。
 その女性も控え室に案内すればよかったと後悔している。
 イベントをしていると、いつもそんな細かい案内ができなかったことを後悔するばかりだ。もし、この文章をお読みいただいたら、この場を借りておわびしする。

 「山田太一さんのお人柄がにじみ出るお話に時間を忘れました」
 「そのあたたかい声に、山田太一さんの生き方がすべてこめられているような気がします」
 「聞いていて、ホッとなる講演だった」「「私の心の中にあって言葉にならないことを的確に言い表わして下さいました」……。
 アンケートに書いてくださったみなさんのご感想の一部だ。また、牧口一二さんとの対談も、加納浩美さんの歌も好評だった。

 そして、3ヶ月前からチケットを預かっていただいた方々、ポスターやチラシの配布にご協力いただいた方々に、ほんとうに感謝している。

 2001年6月2日、箕面市民会館で「山田太一講演会」を開きました。当日は650人のお客さんがご来場くださいました。講演の後、牧口一二さんとの対談、河野秀忠さんを交えた鼎談、加納浩美さんのミニライブもあり、楽しんでいただけました。

ページ先頭に戻る
Copyright (C) koisurukeizai All Rights Reserved
 恋する経済