競う経済から助け合う経済へ、争う経済から夢見る経済へ。障害者が参加、運営をになうソーシャルビジネスを応援するサイト

恋する経済&障害者市民事業ネットワーク
する経済
共に生きるすべてのひとの希望をたがやすために
恋する経済&障害者市民事業ネットワーク

ひとびとの「きもち」がやってくるぞ!
2001年山田太一講演会に寄せて

2001年6月2日、箕面市民会館で「山田太一講演会」を開きました。当日は650人のお客さんがご来場くださいました。講演の後、牧口一二さんとの対談、河野秀忠さんを交えた鼎談、加納浩美さんのミニライブもあり、楽しんでいただけました。

ブログ・恋する経済
恋する経済オリジナルTシャツ
ゆめ風基金とわたしたち
箕面市障害者雇用制度と豊能障害者労働センターが朝日新聞に紹介されました。2011/6/27
ぼくの「上を向いて歩こう」
永六輔さんNO.1
6月22日、永六輔さんが現れた
永六輔さんNO.2
「だいじょうぶ!永六輔ひとり応援団」  永六輔さんNO.2
テレビでなじみの声が聞こえた。
筑紫哲也さんのこと
1999年筑紫哲也トークイベントに寄せて
静かで、決してゆるがない決意
小室等さんのことNO.1
まるで風の又三郎のように
小室等さんのことNO.2
「歌う」のではなく「語る」歌
小室等さんのことNO.3
ゆめ風基金応援歌CD
小室等さんのことNO.4
ゆめ風基金応援歌CD
「風と夢」、「伝えてください」
ゆめ風基金応援歌CD
参加ミュージシャンのメッセージ
彼女が歌い始めると、空と大地が広がっていく。加納浩美さん
山田太一さん
山田太一1992・2001
ひとびとの「きもち」がやってくるぞ!
河野秀忠
「なにげない」が崩れたとき、見えてくる 牧口一二
テレビと力道山と山田太一
人生を変えてしまうテレビドラマがあった。
山田太一のドラマはフィクションで終わらなかった。
山田太一ファン・メッセージ
「車輪の一歩」を観て
山田太一ファン・メッセージ
「シルバーシート」を観て
山田太一ファン・メッセージ
もっともっと山田太一
山田太一さんとの対談を終えて
牧口一二
物静かに箕面市民会館に現れ、物静かに箕面を去って行った。
カレンダー
「やさしいちきゅうものがたり」
みんなでつくる春のバザー
平和を願うメッセージ
豊能障害者労働センター
30年ストーリー
ゆめ風基金とわたしたち
永六輔・山田太一・筑紫哲也
恋する経済のススメ
エッセイ&制度
1947年の手紙
「積木」編集分室
ゆめ風基金とわたしたち  2001年4月 河野秀忠


 1989年、ボクが編集長を務める季刊障害者問題総合誌「そよ風のように街に出よう」が、創刊40号を迎えた。全国津々浦々の障害者市民と、その動向に心身を添わせている無数のひとびとの「きもち」を、40回も織ってきたのだから、少なからぬ感慨がある。
 その刻を記念して、ボクたちを含むたくさんのひとびとの「きもち」に植樹しょうじゃないかと、小さな単行本を編むことになった。名づけて「こどもとおとなの、明日のための教科書・こんな大人になっちゃった・・・」。

 さ〜て、こんなふざけたタイトルの本に登場してくれるようなひとがいるんだろうかと、思案投げ首の末、4名の方々に白羽の矢を放って、プスリ。
 歌手の小室 等さん、同じく歌手の長谷川きよしさん、作家の山田太一さんと、編集部からは、牧口一二。
 どうなることかとハラハラして応答を心待ちしていたら、いずれの方も、「いいね、やりましょう」とのふたつ返事。刊行趣旨もなんのそのの座談会開催の運びとなった。
 ボク個人としては、お3方は、まぁ身内の感覚で長年のお付き合いだけれど、山田太一さんとは、その作品を読んだり、観たりすることはあるものの、話し合ったのは、2、3回くらいのもので、少しどころか相当に心細い状態であったことを記憶している。

 期日、場所を調整して、東京の世田谷区砧町にお住いで、ボクたちの大先輩でもある、二日市 安さん(翻訳家で、「そよ風のように街に出よう」に作品連載。連れ合いさんは、日本のアガサ・クリスティと称される推理作家の仁木悦子さん。)のお宅で、どんな展開になるのか、予想の距離を飛翔する座談会がもたれることになった。
 結論から先になるけれど、この座談会をもとに編纂した記念単行本は、見事の言葉に尽きる作品として世に姿を現わし、好評を得たのだった。
 当日のボクは、記録や写真、設営、お茶、食事、送迎とコマねずみのようによく働いたと、記憶がボヤく。

 開催に先立って、何線か忘れたけれど、砧駅まで山田太一さんを迎えに行った。
 まぁ、何度かはお顔を拝見していたから、なんとかなるだろうとは想ってはいても、なんせマスメディアで仕事をしておられるのだから、姿形が違っていたらどうしょうかとの懸念が、ボクの心を占拠しつづけた。
 早目に駅に着いたので、何本かの電車をやり過ごして、指定時刻の電車が、駅にノロノロと入ってきた。
 いつも思うことだが、なんで東京というところは、ひとが多いんだろう。その日もホームにひとが群れ、探しびとの識別なんてとても無理、駄目。
 しばらくの時間を使って、なんとかホーム上にひとがいなくなって、ボクが目線を走らせると、そのときを待つように、ホームの端にポツンと山田さんがたたずんでいた。
 自分を探す側の目線が届くようにとの配慮だった。
 改札口で手を振るボクのところに、山田さんはゆっくり、ゆっくりと歩いてくる。以前にお目にかかった時と、まったく同じ歩幅で、表情で、ほんのり微笑しながら…。
 ボクは、思わず「ああ、きもちが歩いてくる」と、鳥肌がたった……。

 1995年、ボクたちは、アワを食って、疲労し、痛切に無力を悔いていた。阪神淡路大震災で多くの仲間を失い、救援のためのヒト、モノ、カネの不足と格闘しつづけていたから…。
 そんなある日、ボクと牧口一二は、たまたま大阪を訪れていた山田太一さんの前にいた。
 ボクと牧口が、血走った眼で早口にまくしたてる、「これから先にも起こる、自然災害。民間障害者市民の危機管理として、被災障害者市民にダイレクトに届けることのできるお金、ゆめ風十億円基金を立ちあげたい。まだ一文なしですが、無から始めたい。ついては、山田さんによびかけ人のひとりになってほしい」の言葉を、少し眉を寄せながら聞いていた山田さんは、黙ってうなずき、サイフから、1万円札を5枚取り出して、「今、これだけしかないんで」と、はにかんだ。
 こうして、山田さんに、ゆめ風基金の一番最初の基金者、よびかけ人になっていただいたのだった。

 2001年、時代と世界が夢を喪失しかけている。貧しさが人類を覆い、知的な力が経済に侵略されている。不況の嵐は、ひとびとを凍結し、障害者市民は、働く場を失っていく。
 豊能障害者労働センターも、例外ではありえない。その窮状に山田太一さんがやってくる。ひとびとの「きもち」がやってくる。ボクたちは、ああ…。
 ひとびとはまた、これからも「きもち」に忠実でありつづけることができるだろう。

ページ先頭に戻る
Copyright (C) koisurukeizai All Rights Reserved
 恋する経済