競う経済から助け合う経済へ、争う経済から夢見る経済へ。障害者が参加、運営をになうソーシャルビジネスを応援するサイト

恋する経済&障害者市民事業ネットワーク
する経済
共に生きるすべてのひとの希望をたがやすために
恋する経済&障害者市民事業ネットワーク

力不足は、お客さんに補ってもらって
山田太一さんとの対談を終えて

2001年6月2日、箕面市民会館で「山田太一講演会」を開きました。当日は650人のお客さんがご来場くださいました。講演の後、牧口一二さんとの対談、河野秀忠さんを交えた鼎談、加納浩美さんのミニライブもあり、楽しんでいただけました。

ブログ・恋する経済
恋する経済オリジナルTシャツ
ゆめ風基金とわたしたち
箕面市障害者雇用制度と豊能障害者労働センターが朝日新聞に紹介されました。2011/6/27
ぼくの「上を向いて歩こう」
永六輔さんNO.1
6月22日、永六輔さんが現れた
永六輔さんNO.2
「だいじょうぶ!永六輔ひとり応援団」  永六輔さんNO.2
テレビでなじみの声が聞こえた。
筑紫哲也さんのこと
1999年筑紫哲也トークイベントに寄せて
静かで、決してゆるがない決意
小室等さんのことNO.1
まるで風の又三郎のように
小室等さんのことNO.2
「歌う」のではなく「語る」歌
小室等さんのことNO.3
ゆめ風基金応援歌CD
小室等さんのことNO.4
ゆめ風基金応援歌CD
「風と夢」、「伝えてください」
ゆめ風基金応援歌CD
参加ミュージシャンのメッセージ
彼女が歌い始めると、空と大地が広がっていく。加納浩美さん
山田太一さん
山田太一1992・2001
ひとびとの「きもち」がやってくるぞ!
河野秀忠
「なにげない」が崩れたとき、見えてくる 牧口一二
テレビと力道山と山田太一
人生を変えてしまうテレビドラマがあった。
山田太一のドラマはフィクションで終わらなかった。
山田太一ファン・メッセージ
「車輪の一歩」を観て
山田太一ファン・メッセージ
「シルバーシート」を観て
山田太一ファン・メッセージ
もっともっと山田太一
山田太一さんとの対談を終えて
牧口一二
物静かに箕面市民会館に現れ、物静かに箕面を去って行った。
カレンダー
「やさしいちきゅうものがたり」
みんなでつくる春のバザー
平和を願うメッセージ
豊能障害者労働センター
30年ストーリー
ゆめ風基金とわたしたち
永六輔・山田太一・筑紫哲也
恋する経済のススメ
エッセイ&制度
1947年の手紙
「積木」編集分室
ゆめ風基金とわたしたち  2001年7月 牧口一二


 心から尊敬している山田太一さんと対談できるなんて思ってもいなかった。
 しかも舞台の上で多くの方々に聴いてもらったあと、災害で被害を遭った障害者を支援する「ゆめ・風基金」に絶大な応援をしてくれているカタログハウス社発行の「通販生活」紙上での対談(PRも兼ねての四回シリーズで掲載してもらっている最終回)の収録もあって、ボクには忘れられない一日になった。

 今回、豊能障害者労働センターの熱意と努力で、ふたたび山田太一さんに来ていただけることになって、機関誌「積木」に数回にわたり掲載された山田太一さんへの熱いファンレターの数々を読んでいて、ボクはだんだん不安になった。
 山田太一さんのテレビドラマはほとんど見ていた(つもり)と自負していたが、ボクより詳しい熱烈なファンが次々と想いを綴っておられて……対談のお相手にはもっとふさわしい人がいっぱい居る、と思えてきたのだった。
 でもすぐに、そんな不遜な思いを抱いた自分を恥じた。ボクよりふさわしい人がいっぱいおられるのは当たり前のこと。ボクなどが対談する機会を与えてもらった幸運をよろこび、精一杯にこのときを味わおうと、覚悟を決めた。

 出番前の楽屋で雑談をしていて、山田さんがふと「いつも『きらっといきる』を観ていますよ」とおっしゃった。ワォー、ボクが毎週レギュラーで出ている教育テレビのことだ。
 思いもしなかったので舞い上がってしまい、本番ではすっかりアガッてしまったようだ。あれも聞きたい、これも尋ねてみたいと思っていたのだけれど、講演をお聞きしてのあとだったので新たにお聞きしたいことも増えて、頭の中のメモはすっ飛んでしまった。
 じつは半月前の6月18日におふくろが逝った。96年と9ヶ月の大往生、痛みも苦しみもなく眠ったままの、それは見事なこの世との別れだった。
 通夜と葬儀と納骨の3日間、母を想いながらの行事を終えて帰宅した夜、なんとラジオ深夜便で山田太一さんが「母を語って」おられたのだ。
 小学五年生のころにお母さんをガンで亡くされている。「早く別れてしまったけれど、母だったら無条件にボクを肯定してくれたと思う」と語っておられた。それが『異人たちの夏』のパン種になったと。
 ボクも63年間付き合ったおふくろに叱られた記憶がない(忘れてしまったのかもね)。1歳から足が動かなかったボクは甘やかされて育ったのだろう。
 でも、おふくろは全面肯定してくれたわけでもあって、ボクはいつも逃げ込むところ(おふくろの胸)をもっていたわけだ。おふくろが逝ったいま、そのありがたさを痛烈に想う。そんな話もしてみたかった(あまりに私的な話になりそうで控えたのだけれど)。

 講演の中で語られた「ドラマの結末部分を書くのが嫌いだ」が、ボクには印象的だった。
 お茶の間に届けるテレビドラマの宿命かもしれない。でも、「旅、温泉、グルメ、美人、殺人」がテレビドラマの定番(視聴率が取れる)と言われる迎合ドラマの多い中で、山田太一ドラマはほぼ正反対の路線に挑戦し続けている。
 あくまで人を、人間をていねいに描こうとされている。この謙虚さが骨太の作品を生み出している秘訣ではないだろうか。
 「ゆめ・風基金」が求めたアンケート「20世紀に置いていきたいもの、21世紀にもっていきたいもの」で、山田太一さんは、置いていきたいものでは「いくらそう思っても置いていけないと思ってしまう。なくなる時はなくなる。それまでは消えればいいと思うものとも付き合ったり、たたかったりして生きていこうと思っています」と答えられ、もっていきたいものでは「先の理由で、嫌いなものも不都合なものでも持っていくのが結局いい生き方なんだと思う。
 嫌いなものは消せ、というのは、どこかで暴力を誘うと思う」と応じてくださった。山田太一さんのドラマに殺人者は出てこない。

 あとのカタログハウス社の対談を終えて、担当の女性から「すばらしいドラマを次々と発表されて、だれもが認める第一級のシナリオライターの山田太一さん。あの腰の低さは何なのでしょう。接するときの気持ちよさは何なのでしょう。もう感激です」と、ファックスが届いた。
 その通りの山田太一さん。そのお人柄を伝えることができたのか、はなはだ心もとない思いが残っている。

ページ先頭に戻る
Copyright (C) koisurukeizai All Rights Reserved
 恋する経済