競う経済から助け合う経済へ、争う経済から夢見る経済へ。障害者が参加、運営をになうソーシャルビジネスを応援するサイト

恋する経済&障害者市民事業ネットワーク
する経済
共に生きるすべてのひとの希望をたがやすために
恋する経済&障害者市民事業ネットワーク

山田太一ファン・メッセージ
「車輪の一歩」を観て

2001年6月2日、箕面市民会館で「山田太一講演会」を開きました。当日は650人のお客さんがご来場くださいました。講演の後、牧口一二さんとの対談、河野秀忠さんを交えた鼎談、加納浩美さんのミニライブもあり、楽しんでいただけました。

ブログ・恋する経済
恋する経済オリジナルTシャツ
ゆめ風基金とわたしたち
箕面市障害者雇用制度と豊能障害者労働センターが朝日新聞に紹介されました。2011/6/27
ぼくの「上を向いて歩こう」
永六輔さんNO.1
6月22日、永六輔さんが現れた
永六輔さんNO.2
「だいじょうぶ!永六輔ひとり応援団」  永六輔さんNO.2
テレビでなじみの声が聞こえた。
筑紫哲也さんのこと
1999年筑紫哲也トークイベントに寄せて
静かで、決してゆるがない決意
小室等さんのことNO.1
まるで風の又三郎のように
小室等さんのことNO.2
「歌う」のではなく「語る」歌
小室等さんのことNO.3
ゆめ風基金応援歌CD
小室等さんのことNO.4
ゆめ風基金応援歌CD
「風と夢」、「伝えてください」
ゆめ風基金応援歌CD
参加ミュージシャンのメッセージ
彼女が歌い始めると、空と大地が広がっていく。加納浩美さん
山田太一さん
山田太一1992・2001
ひとびとの「きもち」がやってくるぞ!
河野秀忠
「なにげない」が崩れたとき、見えてくる 牧口一二
テレビと力道山と山田太一
人生を変えてしまうテレビドラマがあった。
山田太一のドラマはフィクションで終わらなかった。
山田太一ファン・メッセージ
「車輪の一歩」を観て
山田太一ファン・メッセージ
「シルバーシート」を観て
山田太一ファン・メッセージ
もっともっと山田太一
山田太一さんとの対談を終えて
牧口一二
物静かに箕面市民会館に現れ、物静かに箕面を去って行った。
カレンダー
「やさしいちきゅうものがたり」
みんなでつくる春のバザー
平和を願うメッセージ
豊能障害者労働センター
30年ストーリー
ゆめ風基金とわたしたち
永六輔・山田太一・筑紫哲也
恋する経済のススメ
エッセイ&制度
1947年の手紙
「積木」編集分室
ゆめ風基金とわたしたち  2001年4月


このビデオを見終わって、一番感じたのは、周りの人に自分の思っていることを伝えることが大切だということです。
                                 若竹 育子

 このビデオを見て、自分が今まで体験したことがほとんどで、そのころのことを鮮明に思い出しました。
 私は、筋ジストロフィーという障害で、24時間の介護が必要で車椅子の生活をしています。このビデオの中で、障害があるといろんな場面で人に迷惑をかけるということを言っていました。
 私も高校の頃そう思っていました。中学は病院に入院していて付属の養護学校に行っていました。そこから普通高校に行ったので環境の変化に戸惑っていました。
 その頃の私は、人にものを頼むことが出来ませんでした。何故かっていうと、相手に迷惑がかかると思ったからです。だから相手が聞いてくれるまで、待っていました。例えば介護してもらって、気に入らない所があっても、せっかくしてもらったのに文句を言って嫌われたらどうしようと思っていました。

 そんな私の考え方をいい方向に変えてくれる人に出会うことが出来ました。その人は24時間介護体制で自立生活をしている車椅子の男の人です。
 その人との出会いは、私が今、自立生活をしていることにとても影響を与えてくれています。
 その人に、自分が出来ないことを人に頼むことは迷惑ではないこと、人間は誰でも出来ることと出来ないことがあること、障害があると人より頼むことが多いだけということを教えてもらいました。
 そのことにより、少しずつ自分から声をかけていくことが出来るようになりました。今では、その当時とは考えられないぐらい何でも頼めるようになりました。

 もうひとつ印象に残ったのは、外に出ると嫌なことが多いからとずっと家に閉じこもっていた車椅子の女の人が、仲間と一緒に外に行ったところです。
 その帰りの場面でトイレを我慢できなくてもらしてしまうところがありました。そこで女の人が泣いてしまいました。
 私も体験したことがあるので、その場面を見た時なんともいえない気持ちになりました。私が自立生活をする前の話です。
 その頃の介護は父がしていました。昼間は家政婦さんが来ていたので問題はありませんでした。
 ある夜、父の帰りが遅い時でした。すごくトイレがしたくなってきたんです。でも一人では行けないので、我慢しながら帰りを待っていました。そのうちもう限界になってきました。そしてとうとうそこでしてしまいました。
 その時、仕方のない状況だったけど、自分が惨めになってきてどんどん涙があふれてきたことを思い出しました。

 このビデオを見終わって、一番感じたのは、周りの人に自分の思っていることを伝えることが大切だということです。私もこれから今まで以上に自立生活のことなど、いろいろな人に伝えていきたいと思いました。


「人に迷惑をかけることを恐れるな。」
                                
田岡 ひろみ

 「外に出ると必ず嫌なことが起こる」と家に閉じこもっている車椅子の少女と知り合った青年は、障害を持つ仲間とともに彼女を外へ誘い出す。青年もまた車椅子である。
 皆、おおはしゃぎで楽しいひと時を過ごすが、帰り道、少女の車椅子の車輪が線路にはさまり、6人の車椅子の青年たちはどうすることもできず通りがかりの人たちに助け出される。「ああ、やっぱり…」という少女の失望と同時に青年たちも深く傷つき落ち込んでしまった。

 このドラマは、よくありがちな、障害を克服し、「純粋でひたむきに頑張る障害者」を描いたものとはまったく違い、障害者「解放」のカギをわたしたちに手渡してくれる作品だと思う。
 数々のシーンが私の脳裏に焼きついている。

 一度でいいからトルコ風呂に行きたいと、母親に頼む車椅子の青年。両親は驚くが、息子の気持ちが痛いほどわかり、決して裕福ではないが「チップは はずめよ」とお金を持たせ、新しい服を身につけさせて送り出してくれる。
 しかし、実際には車椅子はどこでも断られ、結局どこにも入れず帰宅する。元気に迎える母の声に、彼は、一所懸命「ははは…」と笑うが父と母を前にこみ上げてくる涙を抑えきれず、大泣きしてしまう。

 登場する6人の青年たちはそれぞれ究極の自分の無力さを知っている。印刷会社で勤める人もいるが、クビになって生活保護を受けている人、家を追い出されようとして家探しをしてもどこも貸してくれず困っている人もいる。
 健常者と対等に話をしようとしても、何かと世話をしてもらわなければならず、その時点で既に対等でなくなっている、とその中の一人の青年が言う。しかし、この場面での鶴田浩二の名言は、衝撃的である。
 「『人に迷惑をかけてはいけない』そんな元気な人のルールを君たちが守ろうとしなくてもいいのではないか。そのルールが君たちを縛っている。人に迷惑をかけることを恐れるな。」

 そうなのだ。障害者が努力をして健常者に近づこうとしたり、健常者中心の社会にあわせようとしても、あきらかにそれには無理がある。
 「ひと様に迷惑だけはかけないように」とドラマの中で少女の母親も言っていた。この一見、誰もが信じて疑わないルールに硬く縛られ、これまで障害者のみならず高齢者、さまざまなハンディを背負った人たちは必死に「頑張って」努力しようとしてきたのだ。
 そして、自由に外で遊ぶことや働くこと、結婚や、ひとりで家を借りて住むことなど、いろんなことをあきらめざるを得なかった。

 障害者は人に迷惑をかけてもいい、ということではない。障害があるためにいろんなことが自分でできない、人に迷惑がかかるから、やりたいこともあきらめなければならないというのは、明らかに本人でなく、社会に問題があるのである。そのための手助けは、「迷惑」ではなく、当然のことだと思う。

 『車輪の一歩』は、まさに社会の壁で閉ざされたこころの扉を開放し、障害者が街へでる勇気を与えてくれるドラマだ。

ページ先頭に戻る
Copyright (C) koisurukeizai All Rights Reserved
 恋する経済