競う経済から助け合う経済へ、争う経済から夢見る経済へ。障害者が参加、運営をになうソーシャルビジネスを応援するサイト

恋する経済&障害者市民事業ネットワーク
する経済
共に生きるすべてのひとの希望をたがやすために
恋する経済&障害者市民事業ネットワーク

山田太一ファン・メッセージ
もっともっと山田太一

2001年6月2日、箕面市民会館で「山田太一講演会」を開きました。当日は650人のお客さんがご来場くださいました。講演の後、牧口一二さんとの対談、河野秀忠さんを交えた鼎談、加納浩美さんのミニライブもあり、楽しんでいただけました。

ブログ・恋する経済
恋する経済オリジナルTシャツ
ゆめ風基金とわたしたち
箕面市障害者雇用制度と豊能障害者労働センターが朝日新聞に紹介されました。2011/6/27
ぼくの「上を向いて歩こう」
永六輔さんNO.1
6月22日、永六輔さんが現れた
永六輔さんNO.2
「だいじょうぶ!永六輔ひとり応援団」  永六輔さんNO.2
テレビでなじみの声が聞こえた。
筑紫哲也さんのこと
1999年筑紫哲也トークイベントに寄せて
静かで、決してゆるがない決意
小室等さんのことNO.1
まるで風の又三郎のように
小室等さんのことNO.2
「歌う」のではなく「語る」歌
小室等さんのことNO.3
ゆめ風基金応援歌CD
小室等さんのことNO.4
ゆめ風基金応援歌CD
「風と夢」、「伝えてください」
ゆめ風基金応援歌CD
参加ミュージシャンのメッセージ
彼女が歌い始めると、空と大地が広がっていく。加納浩美さん
山田太一さん
山田太一1992・2001
ひとびとの「きもち」がやってくるぞ!
河野秀忠
「なにげない」が崩れたとき、見えてくる 牧口一二
テレビと力道山と山田太一
人生を変えてしまうテレビドラマがあった。
山田太一のドラマはフィクションで終わらなかった。
山田太一ファン・メッセージ
「車輪の一歩」を観て
山田太一ファン・メッセージ
「シルバーシート」を観て
山田太一ファン・メッセージ
もっともっと山田太一
山田太一さんとの対談を終えて
牧口一二
物静かに箕面市民会館に現れ、物静かに箕面を去って行った。
カレンダー
「やさしいちきゅうものがたり」
みんなでつくる春のバザー
平和を願うメッセージ
豊能障害者労働センター
30年ストーリー
ゆめ風基金とわたしたち
永六輔・山田太一・筑紫哲也
恋する経済のススメ
エッセイ&制度
1947年の手紙
「積木」編集分室
ゆめ風基金とわたしたち  2001年4月


私の「高原へいらっしゃい」
                               細谷 しづ子

 昨年、居酒屋の店長をかって出た。
 100人の人がお金を出し合ってつくった「市民酒場 えんだいや」は3年目を迎えていた。収入の保障もなく、私にとってはじめての夜間の仕事だったが、お店は不思議だ。嵐のように忙しい夜もあれば、底に沈んだように誰も来ない夜もある。
 いろんなひとを巻き込みながら、まるで息をしているかのようで、今夜も営業中のかんばんを上げる。

 今から25年も前になる。私はなれない子育てに精いっぱいの1才と2才の子どもたちの母親だった。まさか自分がサービス業をやるとは夢にも思っていなかった。
 テレビ嫌いの私がめずらしく必ず見ていたドラマ、それが「高原へいらっしゃい」だった。
 田宮二郎が扮する一流ホテルの元支配人だった男(彼は客をなぐってホテルをくびになった)と、いろんな過去を持つさまざまな人たちが失敗を重ね、いさかいをしながらも、高原にあるホテルを再建しようとする話だ。

 なぜか、どんな終わり方をしたのかはっきりした記憶がない。今も鮮明なのは、支配人が東京にいる別居中の妻に会いに行く場面だ。高原ホテルのオーナーは妻の父親だ。支配人は自分の仕事をわかってもらいたいと思い、妻を高原ホテルに招待しようとする。妻は彼の甘さを指摘する。
 妻役の三田佳子との会話は忘れたのに、その場面の空気のようなものが今も心にひっかかっている。
 その時、谷川俊太郎作詞の「へえ そうかい」という曲が流れた(ように思い込んでいる)。もうひとつの大好きだった挿入歌「高原」と共に、時々口ずさむ。
 そして、その頃買った小室等さんのレコードは、今も手元にある。ドラマが終ってしばらく後、田宮二郎が命を断った。事業に失敗して選んだ結末だと聞いた。

 山田太一さんのドラマには、現実が食い込んで来る。もっと恐ろしいのは、フィクションのはずのドラマが現実に食い込んでくることだ。
 「車輪の一歩」は私にとって「豊能障害者労働センター」だったし、今の店で料理などしているのは「高原へいらっしゃい」を観てしまったからか?などと思ってしまう。
 次の目標は、私の「シルバーシート」、「老人解放共闘」の旗揚げだ。さて、「異人たちとの夏」はいつやって来るのだろう。実に恐ろしい。


山田太一さんと私
                               川上 美也子

 初めて私が「山田太一」という人をはっきりと認識したのは「岸辺のアルバム」というドラマだった。ちょうどその主人公と同い年くらいであったと記憶している。
 あの頃私はまだ18か19歳で、5人家族の最年少者として、多分それなりに甘えるということも受容されながらごく普通に日々を過ごしていた。
 そしてあの時代、少なくとも私の周囲ではまだ家族はいわゆる家族として正常に機能していた。

 そのドラマの中では主人公が、家族各々の持つ秘密を知ることから思春期がゆえに荒れていき、ほんの少し前まで「マイ・ホーム」の典型だったような家庭があっという間に崩壊していく。
 ここで家庭というもの、あるいは日常生活というもののもろさ、危うさをつきつけられる。
 そしてここからが山田太一さんの持つやさしさのなせる技かといつも思うのだが、家族一人一人が重層にまとっていた衣を脱ぎ捨て、本当に素直に自分自身と向き合うことで家族全体が自浄作用を持つかのように、再構築されていく兆しを見せて物語は終わる。

 いたく感心もしたし、感動も覚えたあの日々からもう25年もの歳月が流れた。そして今、私自身が思春期のまっただなかにあるふたりの子どもの母親になっている。
 家族の崩壊とか、家庭の疲弊、または結縁家族などいう、当初は聞き慣れかった言葉を耳にするようになって久しいが、やはり私もそうして時代の流れに翻弄されて、右往左往しているまぎれもないひとりである。

 最近になって読み返した「早春スケッチブック」、それと友人から借りたビデオ「今朝の秋」のふたつの作品に触れても、私には「家族」というテーマでそれらは迫ってくる。
 「家族」というものの存在を考えるとき、近くて遠いものだと思えるときもあれば、逆に遠くても近いものに思えるときもある。家庭というものも生き物みたいなものだから、日々変化し、揺れ動いて当然なのだろうけれど、そのたびに私は心を痛めて苦しくなったりする。
 そんな時山田太一さんのそれらの作品を思い起こすことで私はいつも救われる。「大丈夫、大丈夫。あなたはあなた自身や子供のことを信じていさえすればいいんだよ」とそれらは私をやさしく包み込み、安寧をあたえてくれるのである。

ページ先頭に戻る
Copyright (C) koisurukeizai All Rights Reserved
 恋する経済