競う経済から助け合う経済へ、争う経済から夢見る経済へ。障害者が参加、運営をになうソーシャルビジネスを応援するサイト

恋する経済&障害者市民事業ネットワーク
する経済
共に生きるすべてのひとの希望をたがやすために
恋する経済&障害者市民事業ネットワーク

心に深く、大地に広く……
ゆめ風基金応援歌「風と夢」、「伝えてください」

ゆめ風基金応援歌CD・風と夢・伝えてください
ゆめ風基金応援歌CD

ブログ・恋する経済
恋する経済オリジナルTシャツ
ゆめ風基金とわたしたち
箕面市障害者雇用制度と豊能障害者労働センターが朝日新聞に紹介されました。2011/6/27
ぼくの「上を向いて歩こう」
永六輔さんNO.1
6月22日、永六輔さんが現れた
永六輔さんNO.2
「だいじょうぶ!永六輔ひとり応援団」  永六輔さんNO.2
テレビでなじみの声が聞こえた。
筑紫哲也さんのこと
1999年筑紫哲也トークイベントに寄せて
静かで、決してゆるがない決意
小室等さんのことNO.1
まるで風の又三郎のように
小室等さんのことNO.2
「歌う」のではなく「語る」歌
小室等さんのことNO.3
ゆめ風基金応援歌CD
小室等さんのことNO.4
ゆめ風基金応援歌CD
「風と夢」、「伝えてください」
ゆめ風基金応援歌CD
参加ミュージシャンのメッセージ
彼女が歌い始めると、空と大地が広がっていく。加納浩美さん
山田太一さん
山田太一1992・2001
ひとびとの「きもち」がやってくるぞ!
河野秀忠
「なにげない」が崩れたとき、見えてくる 牧口一二
テレビと力道山と山田太一
人生を変えてしまうテレビドラマがあった。
山田太一のドラマはフィクションで終わらなかった。
山田太一ファン・メッセージ
「車輪の一歩」を観て
山田太一ファン・メッセージ
「シルバーシート」を観て
山田太一ファン・メッセージ
もっともっと山田太一
山田太一さんとの対談を終えて
牧口一二
物静かに箕面市民会館に現れ、物静かに箕面を去って行った。
カレンダー
「やさしいちきゅうものがたり」
みんなでつくる春のバザー
平和を願うメッセージ
豊能障害者労働センター
30年ストーリー
ゆめ風基金とわたしたち
永六輔・山田太一・筑紫哲也
恋する経済のススメ
エッセイ&制度
1947年の手紙
「積木」編集分室
ゆめ風基金とわたしたち 2005年


ゆめ風基金応援歌
風と夢・伝えてください

作詞:永 六輔+谷川俊太郎
作曲:小室 等/編曲:川崎真弘

Musicians
及川恒平(Vocal)
おーまきちまき(Vocal・Accordion)
岡本光彰(Vocal)
加納浩美(Vocal)
川崎真弘(SynthesiZer)
小室 等(Vocal・Acoustic Guitar)
こむろゆい(Vocal・Accordion)
田代耕一郎(Acoustic Guitar)
趙 博(Vocal)
のむらあき(Acoustic Guitar)
四角佳子(Vocal)

Producer
NPO法人ゆめ風基金
Director
小室 等
Recording Engineer
新居章夫/小泉圭子/前田和哉

Recording Date:22 March,29 March 2005
Recording Studio:パラダイススタジオ駒沢

Cover Design
朝倉靖介/牧口一二
Illustration
西村吉彦

心に深く、大地に広く!歌は流れる・・・
 
新しい10年にむけて、ゆめ風基金の応援歌が2曲できました。
 阪神淡路大震災から10年。基金発足から10年。
 本当にたくさんの人に支えられて【ゆめ風】は活動を続けることができました。
 永六輔さんは、呼びかけ人代表として10年間本気で応援してくださいました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
 2代目代表を引き受けてくださった小室等さん。10年を機に永六輔さん、谷川俊太郎さんに作詞をお願いした【ゆめ風応援歌】では作曲、レコーディングと本当にご尽力いただきました。
 2日間にわたって行われたレコーディングには、いつもお世話になっている関西のミュージシャンのほか、小室さんが親しくされている東京のミュージシャンがたくさんボランティアで参加してくださいました。
 永さん、谷川さん、小室さんをはじめ大勢のクリエイターのまごころがこもった【ゆめ風応援歌】、とても素晴らしい仕上がりです。共に生きる勇気がわいてくる歌です。


ゆめ風基金の応援歌ができるまで

 発足からの10年間、呼びかけ人代表・永六輔さんは本気の本気で【ゆめ風基金】運動を路地のすみずみに広げてくださいました。
で、10カ年の区切りに【ゆめ風基金】の権・呼びかけ人代表(権「ごん」は代役の意)に回られ、11年目からは永さんと仲よしの小室等さんが代表を引き受けてくださいます。
 お二人のコンビが決まった瞬間、【ゆめ風基金】の応援歌を作ってもらおうと思い立ち、永さんに作詞をお願いすると、賛助会員の「谷川俊太郎さんにお願いするのがいい」とのこと。そこで谷川さんにお願いしてみると、「永さんが1番を書くなら、私が2 番を作ろう」と言われて、私ども事務局は「やったァ!」と叫んでいました。永さん+谷川さんの合作詞に、小室さんの作曲……「前代未聞の歌ができるぞ!」。夢は風にのってどんどんふくらみました。

 まず小室さんが曲を作られて……やがて永さんから詞が届きました(アレぇ?2 番も書かれてる)……その詞を谷川さんに……と、谷川さんも(ナント 1 番と2 番を)書かれて……小室さんがあわてて谷川さんの詞にも曲をつけられて……なんともゼイタクな歌が2 つもでき上がってしまったんです。
 ところが、昨年の暮れに永さんが来阪された折、コーヒーで歓談しつつ「どちらの歌を勧めたらええんです?」と嬉しくグチると、永さんは「2 兎追うものは……だよね。谷川さんとボクの詞を混ぜて1 曲にしたら」とドッキリ発言のあと、「ボクは構わない。きっと谷川さんも許してくれるよ」とビックリ発言。「誰が混ぜるんです?」「そりゃ小室さんしかいないね」と。そのとき何処かでクシャミをしていた小室さん、「とてもムリだと思ったんだけど、ごちゃ混ぜにしてるうちにまたまた、いい歌が2 曲できちゃいました」とさ。 エッ、4つも?けれど小室さんは前の2 曲を惜しげもなくホゴに……で、この2 曲になりました。
 そして今年3月22日、この10年間【ゆめ風基金】の催しの度にいつもギター片手に駆けつけてくれた関西が誇る、おーまきちまき、岡本光彰、加納浩美、趙博、のむらあき……のみなさんが東京の録音スタジオに集合し、小室さんの仲間である関東の、及川恒平、川崎真弘、こむろゆい、田代耕一郎、四角佳子のみなさんが加わってくださって、このCD がめでたく完成したのでした。おしまい。

 さあ、どちらの曲があなたの、そして【ゆめ風基金】の応援歌として歌い継がれて、路地のすみずみにまで広がってくれるでしょうか、とても楽しみです。

ページ先頭に戻る
Copyright (C) koisurukeizai All Rights Reserved
 恋する経済