競う経済から助け合う経済へ、争う経済から夢見る経済へ。障害者が参加、運営をになうソーシャルビジネスを応援するサイト

恋する経済&障害者市民事業ネットワーク
する経済
共に生きるすべてのひとの希望をたがやすために
恋する経済&障害者市民事業ネットワーク

ゆめ風基金応援歌物語
CD製作参加ミュージシャンのメッセージ

ゆめ風基金応援歌CD・風と夢・伝えてください
ゆめ風基金応援歌CD

ブログ・恋する経済
恋する経済オリジナルTシャツ
ゆめ風基金とわたしたち
箕面市障害者雇用制度と豊能障害者労働センターが朝日新聞に紹介されました。2011/6/27
ぼくの「上を向いて歩こう」
永六輔さんNO.1
6月22日、永六輔さんが現れた
永六輔さんNO.2
「だいじょうぶ!永六輔ひとり応援団」  永六輔さんNO.2
テレビでなじみの声が聞こえた。
筑紫哲也さんのこと
1999年筑紫哲也トークイベントに寄せて
静かで、決してゆるがない決意
小室等さんのことNO.1
まるで風の又三郎のように
小室等さんのことNO.2
「歌う」のではなく「語る」歌
小室等さんのことNO.3
ゆめ風基金応援歌CD
小室等さんのことNO.4
ゆめ風基金応援歌CD
「風と夢」、「伝えてください」
ゆめ風基金応援歌CD
参加ミュージシャンのメッセージ
彼女が歌い始めると、空と大地が広がっていく。加納浩美さん
山田太一さん
山田太一1992・2001
ひとびとの「きもち」がやってくるぞ!
河野秀忠
「なにげない」が崩れたとき、見えてくる 牧口一二
テレビと力道山と山田太一
人生を変えてしまうテレビドラマがあった。
山田太一のドラマはフィクションで終わらなかった。
山田太一ファン・メッセージ
「車輪の一歩」を観て
山田太一ファン・メッセージ
「シルバーシート」を観て
山田太一ファン・メッセージ
もっともっと山田太一
山田太一さんとの対談を終えて
牧口一二
物静かに箕面市民会館に現れ、物静かに箕面を去って行った。
カレンダー
「やさしいちきゅうものがたり」
みんなでつくる春のバザー
平和を願うメッセージ
豊能障害者労働センター
30年ストーリー
ゆめ風基金とわたしたち
永六輔・山田太一・筑紫哲也
恋する経済のススメ
エッセイ&制度
1947年の手紙
「積木」編集分室

ゆめ風基金とわたしたち 2005年


「この素晴らしき世界」 おーまきちまき

 先日の【ゆめ風】のイベント、小室さんのステージには鳥肌が立ったものです。
 「上を向いて歩こう」のあと「この素晴らしき世界」を日本語訳で・・・歌いだしたのに止めはった、「?」・・・すると、距離をおいて手話通訳をしていた女性をまん中までぐんぐんひっぱってきて、ご自分のすぐとなりに据えて、また歌いはじめたのです。
 なんちゅう心にくいことをしはるんやろ。小室さんの歌声と手話の美しさ、そして会場の空気が共鳴しあって、それはそれは素晴らしかった・・・!!
 しかし、シビアでもあったと思う。小室さんは歌う前に、“素晴らしき世界”と現実社会とのギャップを語ってはった。胸に痛く、それだけに歌の深さをより感じたのです。
 人はどうして歌わずにおれないのか。震災後、困難な生活の中でも、腹の足しにもならない歌を、人たちが求めていたこと、「歌の力」を確信させてもらえたことは大きな宝物です。
 みなさん、歌っていきましょう!現実とのギャップを感じつつ。またまた、お会いしましょうね!


「思イ出ス青イ日々、ソシテ僕ハ未ダ若造ナリ」 岡本 光彰

 まずはつかみに、今回の『ゆめ風応援歌録音』がらみのギャグをば…。

岡光(出会い頭・誰彼にでも)「今度な、エーちゃんの作詞、コムロの作曲
   でCDつくんねんけど、コーラスで参加することになってん」
誰彼「きゃー、ホンマ? エーちゃん(矢沢永吉)にコムロ(小室哲哉)?
   すごい やん! サインもろてきてぇ〜!」
岡光「おう、ええよぉ。エーちゃんとは何度か話ししたことあるし、コムロは初対面
   やけど、気さくなヒトらしいし」
誰彼「えーー、すっごぉーー!」

………僕は決してウソはついていない。

 実は僕は、こういう冗談を本当に頻繁にかましていたのだが、それは録音に参加する過度の緊張を和らげるためでもあった。えっ?「おまえみたいなヤツでも緊張なんかするのか!」ってかぁ? うるせぇー、趙博(なんで名指しやねん・笑)。
 では、語りましょう。過度の緊張の原因その一。それは作詞が、永六輔であること。
 僕がフォークソングに熱中しはじめたのは三十数年前、中学二年生の頃で、高石ともやがパーソナリティを務めるラジオ深夜放送・MBSチャチャヤングの熱心なリスナーであった。その番組で、ともやさんが永さんの創作講談「深沢七郎・大激怒(題名は僕が適当につけた)」を全編流した。予告されていたので録音して何度も何度も聴いた。で、永六節にすっかり嵌ってしまった。特に、その絶妙な毒気に痺れてしまい、未だ後遺症が残っている。つまり、影響力強すぎるんです。僕にとって永六輔は。だからとにかく、びびっちゃう。

 お次は、作詞の共作者が谷川俊太郎であること。
 大学1年生の時、学園祭に谷川さんを招いて詩の朗読会を開催した。ご本人に直接電話をしてお願いし、ほぼ交通費のみでお越しいただいた。さらに、朗読会では、谷川さんの詩に断りもなく曲をつけた自作の歌を、恐れ多くもご本人を目の前に唄った。振り返れば無茶したと思うが、それはさておき、そこで谷川さんにオトナの格好良さを見せてもらったことが、僕にとっては非常にタメになった。
 会話のセンス、立ち振る舞い、ファッション等々。とにかく谷川さんは素敵な不良中年であった。最近“ちょいワルおやじ”なんて団塊の世代を巧みに弄ぶワナが仕掛けられているけど、それをせせら笑えるのは、谷川さんのおかげかも。僕にとっての谷川俊太郎は、詩人を超えた憧れの存在。びびらずには、おられません!

 最後に、作曲が小室等であること。
 フォーク界の大長老ですからぁ。おまけに、録音時には『あの六文銭』の及川恒平も四角佳子も一緒だったのですよ。びびって当然です。
 というわけで、びびりまくりで参加した録音であったわけですが、ゆめ風応援歌は、よりたくさんの方々に、いろんな機会に、さまざまな場所で唄い込まれることによって命が吹き込まれ生彩を増す、そんな歌ではないかと感じます。みなさんもぜひ、この歌を唇とハートになじませてくださいね。


 「私のあの日」 加納 浩美

 私は神戸市灘区六甲町に住んでいます。
 阪神淡路大震災の1年1ヶ月前ここに越して来て、被災しました。あの大きな揺れの直後から数時間にわたって燃え広がった火災のため焼け落ちてしまったここ2丁目界隈は区画整理区域となり、2度3度と姿を変えてきましたが、12年目のこの春にようやく公園が完成することとなりました。
 最近私は、「ゆめ風基金応援歌キャンペーンガールでーす!」とか言って自分のライブの時にこの二曲を歌わせてもらっています。
 はっきり言って、超・だいすきです!
 しかし、まともに歌えるようになるまで少し時間が必要でした。特に「伝えてください」には困りました。練習していると頻繁に、つ・た・え・て・く・だ・さ・い・・・あ・の・ひ・の・こ・と・を・・・のところでうるうるとして涙が出てくるのです。このフレーズは私に震災の光景を思い出させます。

・・・避難しようと軋んだドアを開けると、マンションの通路が波のように大きくうねりひび割れていました。歩道も車道も、ひどい状態。道をはさんで向かいのお家がぺしゃんこに潰れていて、その家のお兄さんが救出された時は真っ白な顔をしていました。生きていたのか死んでしまったのか気になりながら怖くて誰にも訊けませんでした(このことは、今でも後悔)。その隣りのお家のおじいさんは下半身が瓦礫に埋まっていて、五〜六人のひとたちが、「がんばって、もうすこしやから。がんばってよー!」と、声をかけ続けていました。・・・そう、ここでいつも泣くのです。四小節歌うあいだに、こういった場面を思い出すのですが、このおじいさんの場面できまってうるうるしてくるというパターンです。
私の思い出の中のこの声「がんばって」は、必死で、やさしくて、力強くて、悲しくて、なんとも忘れられないのです。

 そんな涙の練習(笑)をくり返しつつ私は、「私のあの日」を胸に、ようやく泣かずに歌うことができるようになりました。いい歌は、人のこころを動かします。聴いているだけで惹きこまれてしまうのに、歌えば歌うほど、自分の歌がまた自分に戻ってきてこころの中に深く根を下ろしていくような感覚は不思議で、この歌の持つ魔法の力を感じています。
 「風と夢」そして「伝えてください」が、たくさんの人に、いつまでも歌い継がれていくことを心から願っています。

ページ先頭に戻る
Copyright (C) koisurukeizai All Rights Reserved
 恋する経済