そして世界の希望の一年が…。カレンダー「やさしいちきゅうものがたり」

クリスマスソングが街にあふれ
あわただしいときが走り抜けたら
もうお正月
かなしかったこともうれしかったことも
せつなかったこともおかしかったことも
さびしいわかれもたのしい出会いも
ささいなできごともおおきな紛争も
まるで一年のはじめからわかっていたように

がれきの下についさっきまでひろがっていた
コーヒーの香りと息づくいのちの朝が
凍りついたまま今もぼくたちを見つめている
ひとは夢をみるために生まれてきたのなら
死んでもなお必死に見つづける夢がある
がれきの下で止まってしまった時も
死者のひとみからこぼれる見果てぬ夢も
この大地を生きるぼくたちと共にあるのだと思う

1月1日から12月31日まで
時にはただの数字の並びが
知らない国の言葉に思えることがある
遠い遠いどこかの大地で同じ星を見ているあなた
夜のむこうの冷たさが頬を凍らせ
必死で声を出そうとしているあなたの
冬の心はまだ詩にもならず歌にもならず

爆弾でこわれてしまった部屋の壁には
いつかのアイドルと英雄の古びたピンナップと
肩を並べるように寄り添うカレンダー
あなたの記憶のぼんやりとした岸辺で
世界の悲しい一年がさよならしている
そして、ぼくはといえば元気を出して、さあ
と新しいカレンダーをめくる

1月1日から12月31日まで
時にはただの数字の並びが
不思議な物語に思えることがある
遠い遠いどこかの駅のホームに立っているあなた
そして世界の希望の一年がやってくる

カレンダー「やさしいちきゅうものがたり」
2022年ラストストーリー
イラストレーション:松井しのぶ
製作:豊能障害者労働センター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。