ちがう扉から集まって来れる場所「せーのっ!」で開いた居酒屋「三日坊主」

リサイクルとフリースペース「せーのっ!」では、27日、28日、29日の3日間、居酒屋「三日坊主」を開きました。歩いて来れるごく近所に声かけのチラシをまき、後は口コミで知らせただけで、お客さんが来てくれるものやらわからないまま開店しましたが、3日間で60人を超えるお客さんが来てくださいました。
2階もふくめて何とかテーブルを用意し、また以前箕面で居酒屋をしていた経験があるものの、にわか仕立てで段取りが悪く、お客さんに来てくれた人が急遽手伝ってくれて、やっと料理が出るありさまでした。
お店を開いてから約6か月、月に一度の飲み屋をしてほしいとか、一週間に一度でいいから食べ物屋をしたらどうかとか、お客さんのアドバイスをいただく中で、やっと実現した三日坊主の飲み屋さんでした。
歩くのもよちよちなのに懲りないしづ子さんを見かねた人生の達人3人に叱られ、指導を受けながらの怒涛の3日間ですが、日ごろ話したことがないひと同士で話に花が咲き、なかなかいい感じで終わりました。
地域の自治会に入っていない人たちもふくめて、地域に住む人びとがちがう扉から集まってこれる場所として、うまく機能していけるきっかけになれたらと思います。
もともとアウトローのわたしたちが地域に密着した活動をするには、ややもすると地域の常識とぶつかることもあるのですが、反対にわたしたちと同じようなアウトローが集まりやすい空気感が利点となることもあるのでしょう。
また飲み屋さんながら、夕食を食べに来てくれた小さなお子さん連れの家族にも喜ばれました。フリースペースで開かれている絵画教室や英会話教室のメンバーがこぞって来てくれたのも、とてもうれしいことでした。
「これからも月に一度開いてほしい」と熱いラブコールを受けながら、懲りない、ひたすら懲りないしづ子さんは、飲み屋だけでは酒が飲めないひとや子どもたちは参加しにくいので、これとは別に「一日子ども食堂」を開こうと企んでいます。
わたしはただただその後ろを歩いていくだけですが、わたしもしづ子さんも箕面で20年やって来た活動のおさらいというか復習というか、就活のひとつなのだろうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。