かけがえのない居場所 エスペーロ能勢のひととき

過ぎゆく秋に手を振るように、夕陽がキラキラ輝いていました

 昨日11月21日、久しぶりにエスペーロ能勢に行きました。能勢のカフェではめずらしく月曜日も営業されていますが、ランチタイムは予約でいっぱいということで3時におじゃましました。Tさんの車に乗せてもらい、妻と3人でしたが、その時間帯でもお客さんが多く、オーナーのご夫婦二人でとても忙しくされていました。
 エスペーロ能勢は能勢町の東側・地黄にあり、有名な大ケヤキの近くにあります。おしゃれな店内はカフェだけでなく、フェアトレードの色とりどりグッズがたくさんあって、借景の能勢の風景と合わせてゆっくりとした時間の流れと季節の移り変わりを楽しめるほっこりしたカフェです。また、さまざまな市民活動の情報交差点の役目を持つこのお店は、周辺の町の住民にとってとても大切な居場所になっています。
 能勢の秋は足早に過ぎようとしていて、冬の風が頬を走る今日この頃、最後の紅葉を惜しむように夕陽がキラキラ輝き、わたしたちの心をほんの少し暖めてくれました。

最後の紅葉を惜しむように

裏庭にも冬の気配が
豊能障害者労働センターのスタッフでもあるM・Tさんのポップな看板
夕陽に照らされた能勢の田園風景
やはり大きい!能勢の大ケヤキ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です