2019年カレンダーのイラスト作者・松井しのぶさんの手紙

「みんなどこかに痛みを持っている」              松井しのぶ

どんなに幸せそうな人でも、大なり小なり差はあるにしても、どこかに悲しみや苦しみや痛み、ほんの少しの不幸の種を持って生きている、そんな事を思う日々。
そんな不幸の種は決して悪いものでは無くて、だからこそ幸せになりたい、笑顔でいたい、そう思いながら毎日を精一杯生きる力に変えるものであるような気がします。
そういったものを心に抱えているからこそ、他者の痛みに共鳴し、心を動かされ優しくありたいと思ったり、また同じく、それぞれが抱えた悲しみや苦しみや痛みの分だけ他者の優しさがわかるものだと思います。
2018年は次から次へと自然災害が続き、災害と一言で言い切ってしまうにはあまりにも沢山の人の痛みが伴っていて、想像に余りあります。
不幸の種の話と自然災害は少しニュアンスが違うかもしれませんが、「やさしいちきゅうものがたり」を私は毎年綴っていて、これも人の心の中と同じように現実には「やさしいちきゅうものがたり」は「やさしくないちきゅうものがたり」も内包しているんだなって、カレンダーを見ながらふと思うのです。それぞれのお家でカレンダーにつけられた様々なメモ書きには「やさしいちきゅうものがたり」に綴られる「やさしくないちきゅうものがたり」があるのかもしれない、あなたのカレンダーにどれほどのそういったものがたりが綴られているのでしょうか?
あなたが綴ったカレンダーの中に「やさしくないちきゅうものがたり」があったとしても、その綴られた悲しい記憶、不幸の種から新しい優しさが生まれて来る、そんな風に思いたいです。「やさしくないちきゅうものがたり」を「やさしいちきゅうものがたり」に変えてゆくのはあなた自身だとも。
2019年がどんな年になるのか、想像ができないですが、もしも来年の「やさしいちきゅうものがたり」に悲しい記憶が綴られてしまったとしても、良い事や悪い事にめぐり合うのも一つの縁であるなら、たとえそれが痛みを伴うものだったとしても、できればそこから幸せが生まれて来るような縁になりますように、未来へと繋がるそれぞれの優しいものがたりが綴られてゆく事を願ってやみません。
それぞれが胸の中に抱えた不幸の種には優しい花を咲かせる力を持っている、それは美しい花でありますように、幸せな花でありますように…。

2019年カレンダー「やさしいちきゅうものがたり」
illustration 松井しのぶ(C)SHINOBU MATUI 1100円

2019年カレンダーのイラスト作者・松井しのぶさんの手紙” に対して2件のコメントがあります。

  1. S.N より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    tenehiko様
    今年も二人の息子たちに松井しのぶさんのカレンダーを送りました。家人がとても気に入っています。島津亜矢さんのカレンダーをコンサートで買って帰った時の反応と全然違うところが、辛いところです。松井しのぶさんは、きっとやさしいしい方なのでしょうね。手紙からもよくわかります。「みんなどこかに痛みを持っている」お互いが相手を思いやる心を持てたらいいですね。

  2. tenehiko より:

    SECRET: 0
    PASS: 04e60c26645b9de1ec72db091b68ec29
    S.N様
    ご無沙汰しています。
    カレンダーの購入、ありがとうございます。
    今年は島津亜矢さんのコンサートに行けないままになっています。
    大きく進化した彼女のライブに行けるようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。