プロテストソングは愛の歌。長野たかし&あやこ 「エスペーロ・能勢」ライブ

 12月18日、カフェ「エスペーロ・能勢」で長野たかしさん&あやこさんのライブがありました。
 「エスペーロ・能勢」はもともとフェアトレードのお店をしていた箕面の友人が能勢の東地区に開いたカフェで、さまざまな住民活動の情報交換の場としても頼りになるお店で、わたしもチラシを置かしてもらったりイベントに参加してもらったりして、大変お世話になっています。
 長野たかしさんとあやこさんは、わたしもスタッフとして参加した平和を願う「ピースマーケット・のせ」の野外ライブに参加していただいたことで親しくなり、「エスペーロ」はそのイベントに出店されていたつながりで、毎年ライブを開いてくれます。
 いつもライブの時に新作CDを買い求めてきたのですが、今年はコロナ禍のただなかで、新作「REBORN 再生」を郵送で送っていただきました。
 昨年も応援に来てくれた山村博文さんのギターも加わり、一年ぶりにエスペーロでの長野さんたちの音楽はあやこさんのハーモニーと、二人の邪魔をせずに歌心をギターに乗せる山村さんがつくりだす空気感がとても快いものでした。そして、ここ数年の間に彼女彼らのプロテストソングは、歌う内容はもとより歌うこと自体がプロテストであり続けるのだとあらためて実感しました。
 特に数年前に発表され、この日も歌われた「希求」、彼女彼らは今まで何回この歌を歌い、どれだけの人たちがこの歌を受け止めてきたのでしよう。テレビや配信サービスなどのメジャーな空間からは聴こえてこない歌、手触りのある肉声が行き交い、不協和音を増殖させながら人から人へとつながっていく歌が心に深く突き刺さり、少し痛みを感じながらもその痛みがいつの間にか快感となり、切なくも凛々しい希望へとわたしたちを導いてくれるのでした。
 そこからまた新しい歌が生まれ、前作の「残り時間」につづき、新作「REBORN 再生」では、彼女彼らの音楽はプロテストソングから、より過激でやさしい愛の歌へと大きく進化する途上にあることを感じさせてくれます。

 今を生きる同時代のリアルタイムな叙事詩、理不尽な出来事、生と死の淵に立つ幼い心…。情報の洪水と爆音の中で、うずもれているわたしたちの切ない夢やかなわぬ希望…、決して政治だけでは決して語れない壊れ行く世界に待ったをかける幾多の人々の小さな叫びが歌をささえ、また歌が人々に勇気を与える…。
 カフェ「エスペーロ・能勢」でのライブは、今日を生きるわたしたちに「だいじょうぶ」と、疲れた心の翼を休めさせてくれる緩やかな時間を届けてくれました。

「希求」 長野たかし&森川あやこ&山村博文
カフェ「エスペーロ・能勢」2021年12月18日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。